真田丸:家康、忠勝共演シーン「狙ってない」 藤岡弘、はいつも真剣

テレビ
「真田丸」で本多忠勝を演じる藤岡弘、さん=NHK提供

 NHK大河ドラマ「真田丸」で、徳川家康の重臣・本多忠勝を演じる藤岡弘、さんの“怪演”が話題になっている。藤岡さんは、猛将・忠勝を豪快に演じつつ、2月に放送された“伊賀越え”では、内野聖陽さんが演じる家康とご飯粒を取り合うシーンなどではコミカルな一面を見せ、ドラマのスパイスになっている。制作統括の屋敷陽太郎チーフプロデューサー(CP)によると、ご飯粒のシーンは「台本にはなかったが、リハーサルでアイデアが出た」とアドリブから生まれたという。家康と忠勝の共演シーンはコミカルにも見えるが、屋敷CPは「2人は真剣にやっている。結果としてコミカルに見えるのかもしれない」と話す。

 「真田丸」は、真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁を堺雅人さんが演じ、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。忠勝は“徳川四天王”とも呼ばれた家康の重臣。真田信幸(大泉洋さん)は、忠勝の娘・小松姫(吉田羊さん)を正室として迎えることになるなど、真田家との縁も深い。

 屋敷CPは、現場における藤岡さんの様子を「いつも真剣。藤岡さんは現場以外でもいつも真剣です」と話す。“ご飯粒”が話題になった伊賀越えでは、忠勝が竹やりを作り、敵に立ち向かうシーンも印象的だった。竹やりのシーンは、忠勝が猛将であることを印象づけるための、脚本家の三谷幸喜さんの演出かと思いきや、屋敷CPによると藤岡さんのアイデアだったという。また、藤岡さんのアイデアが殺陣に取り入れられたこともあったといい、藤岡さんとスタッフが一緒になって猛将のイメージを作り上げているようだ。

 家康と忠勝の共演シーンはコミカルにも見え、ツイッターなどでも話題になっている。屋敷CPは「ネットの反応は気になっている」と明かす一方で、“ネット受け”を狙っているわけではなく、「ネットを意識して作っても、意識したことを見透かされてしまう。2人とも真剣にやっている。結果としてコミカルに見えるのかもしれない」と話す。

 忠勝は真田家との縁が深いこともあり、信繁(堺さん)や信幸(大泉洋さん)との共演シーンも増えていくことが予想される。今後、忠勝と真田家の面による“化学反応”も期待される。放送はNHK総合で毎週日曜午後8時ほか。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る