民王:遠藤憲一&菅田将暉のW主演ドラマが復活 秘書・貝原のスピンオフも 

テレビ
4月15日放送の「民王スペシャル~新たなる陰謀~」のイメージビジュアル=テレビ朝日提供

 俳優の遠藤憲一さんと菅田将暉さんがダブル主演し、2015年7月期に放送された連続ドラマ「民王(たみおう)」(テレビ朝日系)のスペシャルドラマが4月15日と22日の2週連続で放送されることが9日、明らかになった。4月15日は連続ドラマのその後を描く「続編」で、大倉孝二さん、門脇麦さんらも出演。同22日は、遠藤さん演じる武藤総理の秘書・貝原茂平(高橋一生さん)の過去を描く「スピンオフ」で、相武紗季さんも出演する。

 遠藤さんは「連ドラのときに全力投球で挑み、ある種やりきった感のようなものがあったので、今回の続編の話を聞いた時は正直驚きました」と明かし、「懐かしい共演者とスタッフ、前作を超えるような面白いものを作らないと、という気持ちで切磋琢磨しています」とコメント。菅田さんは「(連ドラを)愛していただいて、こうして続編を作ることができました。僕自身も『民王』ファンとして、可愛い遠藤さんとまたご一緒できるのはとてもうれしいことです(笑い)」と喜びを語っている。

 「民王」は、池井戸潤さんの同名小説(文春文庫)が原作で、遠藤さん演じる厳格な総理大臣・武藤泰山と菅田さん演じるおバカな大学生の息子・翔が入れ替わってドタバタ劇を繰り広げるコメディータッチのドラマ。遠藤さん、菅田さんのほか、本仮屋ユイカさん、元「KARA」の知英さん、六角精児さん、高橋さん、金田明夫さんらが出演した。

 4月15日は「民王スペシャル~新たなる陰謀~」と題した連続ドラマの続編。国民からの信任を得て発足した第2次武藤内閣が人気・期待度ともに上々となる中、泰山(遠藤さん)は“ボンジョビウム”外交のためにウズラスキスタンに向かう。同じ頃、翔(菅田さん)は農場での新人研修をしているときに再びあの“脳波ジャック”が起こり……というストーリー。大倉さんと門脇さんは泰山に振り回される公安刑事を演じる。

 同22日のスペシャルドラマ「民王スピンオフ~恋する総裁選~」は、泰山の公設第一秘書・貝原が主人公で、貝原が泰山の秘書になる5年前の知られざる物語が描かれる。相武さんは貝原がほのかに思いを寄せる聡明な女性・雪野詩音を演じ、貝原が仕える国会議員・郷田役で升毅さんも出演。5年前の武藤泰山や泰山の盟友、“カリヤン”こと狩屋孝司(金田さん)も登場する。

 「民王スペシャル~新たなる陰謀~」は4月15日、「民王スピンオフ~恋する総裁選~」は同22日のそれぞれ午後11時15分から放送予定(一部地域を除く)。

 また、スピンオフドラマの放送を記念して、同5日には貝原を演じた高橋さんをフィーチャーしたスペシャルスピンオフ本「民王 スピンオフBOOK【貝原編】」(KADOKAWA、1944円)が刊行されることも決定。高橋さんが貝原について語る1万字インタビューや、「日曜日の秘書」をテーマに撮り下ろした大ボリュームのグラビア、遠藤さんと高橋さんのロング対談などを掲載するほか、今回の二つのスペシャルドラマについての情報もたっぷり収録。特別付録として、劇中で貝原が使用している“貝原手帖(秘書手帖)”も付いてくる。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る