仮面ライダーアマゾンズ:「アマゾン」リブート作をAmazonで配信 “養殖と野生”2人のアマゾンが主人公

芸能
公開された仮面ライダーアマゾンアルファ(左)と仮面ライダーアマゾンオメガ

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの4作目として1974年に放送された「仮面ライダーアマゾン」のリブート(再起動)作「仮面ライダーアマゾンズ」が制作され、Amazonの動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で4月から配信されることが18日、明らかになった。“養殖と野生”、2人の対照的な仮面ライダーアマゾンが登場するというストーリーで、主人公の水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガを藤田富さん、鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファを谷口賢志さんが演じる。

 仮面ライダーアマゾンは仮面ライダーシリーズの4作目で、そのビジュアルと他の仮面ライダーとは一線を画すワイルドなアクションで人気を集めた。今年は同シリーズ生誕45周年で、仮面ライダーアマゾンズはその節目を記念して、Amazonプライム・ビデオのオリジナル作品として制作。藤田さん、谷口さんのほか、ヒロイン役として、武田玲奈さん、東亜優さんらも出演する。監督は石田秀範さん、田崎竜太さん、金田治さん、脚本は小林靖子さんが務めるなど、平成ライダーシリーズにゆかりがあるスタッフが集結した。

 この日、東京都内で制作発表記者会見が行われ、主要キャストが登場。演じる役について、藤田さんは「水澤悠はすごい引きこもりで、親に管理されて過ごしてきた人物。何か違うと自分の心の底の野生が言っていて、それが目覚めて、ライダーになっても、ライダーになった自分が何なのか、自分探しを常にしている役」と話し、「水澤悠を本気で演じきりたい」と意気込みを語った。

 また、谷口さんは「最初にプロデューサーや監督に会って台本読みをした時、監督に『(演じるキャラクターは)人殺しでヒモでアル中です』って言われて。僕は『そんなライダーいないと思います』と言ったら『いるんです』って言われて」と苦笑交じりに当時のエピソードを披露し、「仮面ライダーという日本が誇る偉大な作品であり、素晴らしい歴史を持った作品で、その作品に最大限の敬意を持ちながら、責任を持ちながら、配信だからできることを最大限に、挑戦を持って挑んできたい」と意気込んだ。

 仮面ライダーアマゾンズは4月1日からAmazonプライム・ビデオで配信開始。毎週1話更新で全13話予定。 

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る