井頭愛海:センバツ開幕で甲子園に感動 「力出し切って」と球児にエール

芸能
「第88回選抜高等学校野球大会」の開幕試合を観戦した井頭愛海さん

 ガールズユニット「X21」の井頭愛海さんが20日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で「第88回選抜高等学校野球大会(センバツ)」(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の開幕試合を観戦。センバツ応援イメージキャラクターに任命された井頭さんは女優としても活動しており、「野球と女優。目指す世界は違うけど、選手も私も夢を追いかける姿は同じ。今ここで出せる力の全てを出し切ってほしいです」とエールを送り、「私も誰もが憧れるような女優になれるよう頑張ります」と決意を語った。

 制服をイメージした白いブラウスに青いリボン、グレーのカーディガンにチェックのスカート姿で来場した井頭さんは、4万2000人の観衆が入った甲子園に「わあ、大きい」と感動した様子。開会式で出場32校の選手が入場してくると「チームのみんながそろって足を高く上げて行進する姿がすてきでした。球場の熱気がじかに伝わってきて、いよいよこれから始まるんだというワクワク感があふれていました」と感想を語った。

 その後、開幕試合の「福井工大福井(福井)」対「智弁学園(奈良)」を観戦。金属バットの打撃音について「耳に響く感じが好きです」と語り、応援席の人文字を見て「応援席もチームワークがしっかりしてますね。たぶん、いっぱい練習してきたんだろうな」「ヒットが出た時のどよめきがすごいですね。振動になって伝わってくる感じがします」と生で体感した迫力の試合を振り返っていた。

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る