いつ恋:有村&高良ダブル主演の月9ドラマ 最終回は視聴率10.2%

テレビ
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出演した(前列左から)坂口健太郎さん、高畑充希さん、高良健吾さん、有村架純さん、西島隆弘さん、森川葵さん

 女優の有村架純さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演を務めたフジテレビの“月9”ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いつ恋)の最終回が21日放送され、平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは「東京ラブストーリー」などを手がけた坂元裕二さん脚本の本格ラブストーリー。有村さん演じる音、高良さん演じる練、木穂子(高畑充希さん)、朝陽(西島隆弘さん)、小夏(森川葵さん)、晴太(坂口健太郎さん)という、東京という街にのみ込まれそうになりながらも必死に生きようとする6人の若者たちのリアルな恋や生活を描いており、SNSなどを中心に盛り上がりを見せた。

 最終話では、練(高良さん)と互いに好きであるという気持ちを確認した一方、朝陽(西島さん)からは改めて2人で幸せになろうと訴えられた音(有村さん)が、心を決めて練に会って話をすることを決意し、練と会う約束をする。しかし、その当日、音は途中の駅で奈良から東京に出てきたばかりの少女・明日香(芳根京子さん)を助けるために騒動に巻き込まれ、病院に運ばれてしまう。病院には練や朝陽、木穂子らが駆けつけ、朝陽は音の鞄(かばん)の中から音が書いたと思われる手紙を見つけて……というストーリーが描かれた。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る