林遣都:劇場版アニメ「遊☆戯☆王」声優に「友達の食いつきが一番よかった」

映画 マンガ
劇場版アニメ「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の完成披露試写会に登場した林遣都さん

 俳優の林遣都さんが23日、東京都内で行われた人気マンガ「遊☆戯☆王」の劇場版アニメ「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」(桑原智監督)の初日舞台あいさつに登場。子供の頃から同マンガが大好きで、劇場版の本編を見たという林さんは「子供のころに興奮した記憶を鮮明に思い出すことができた」と笑顔を見せ、「俳優としていろいろとドラマや映画に出演させていただいているのですが、地元の友達から『遊☆戯☆王に出るの?』って言われ、一番食いつきがよかった。改めて『遊☆戯☆王』のすごさを思い知りました」と目を輝かせた。

 同作は、1996~2004年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された高橋和希さんの人気マンガが原作で、今年連載開始から20年。劇場版アニメに、ゲストとして声優に初挑戦した林さんは「ずっと夢中になっていた作品に参加できて、本当に感謝しています。世代を超えて楽しまれている『遊☆戯☆王』がずっと終わってほしくない」といい「また新しいゲームか何かが生まれるのを期待しています」と語った。この日は、主人公の武藤遊戯の声優を務めた風間俊介さん、津田さん、ゲスト声優の林遣都さん、桑原監督も出席した。

 「遊☆戯☆王」は、「千年パズル」を解いて闇の人格を手に入れ、闇のゲームの番人となった少年・遊戯の活躍を描いている。劇場版アニメは、もう一つの別人格「闇遊戯」との戦いを終えて日常を取り戻したかにみえた遊戯の前に、謎の少年・藍神が現れ、世界中で謎の失踪事件が次々と起こる……という完全オリジナルストーリー。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る