向井理:「8.5頭身」と自己申告 タキシード姿で主演映画イベントに

映画 テレビ
主演映画「RANMARU 神の舌を持つ男 」のPRイベントに登場した向井理さん

 俳優の向井理さんが15日、東京都内で主演映画「RANMARU 神の舌を持つ男」(堤幸彦監督、12月3日公開)のPRイベントに出席。黒のタキシード姿で登場し、「着慣れないから、着させられてるっていうか変な気持ちです」と照れくさそうな表情を浮かべたものの、共演の木村文乃さんから「似合ってますよ」とほめられると、「いやいやいや……そりゃあ、まあね」とまんざらでもない様子。堤監督から「9頭身ですもんね」と聞かれると、「いや、8.5頭身です」とおどけつつ自己申告した。

 同作は、堤監督が原案・演出を手がけ、今年7月期に放送された連続ドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系)の劇場版。この日は、ドラマ版にも出演した木村文乃さん、佐藤二朗さんと、映画版に出演した市原隼人さん、木村多江さんも出席した。屋外でスペシャルセレモニーが行われ、映画館では完成披露試写会が行われた。

 「神の舌を持つ男」は、“絶対舌感”を持つ蘭丸(向井さん)が、謎の温泉芸者“ミヤビ”を探す秘湯の旅に出て、行く先々で事件に巻き込まれる……というコミカルミステリー。映画「RANMARU 神の舌を持つ男」では、ドラマ最終回でミヤビに失恋した蘭丸が、傷心旅行に旅立ち、ひょんなことからある村の温泉街で働くことになるが、またしても事件が起こる……という内容。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る