べっぴんさん:ヒロインの娘さくら役に井頭愛海 国民的美少女ファイナリストが朝ドラ初出演

テレビ
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインすみれの娘さくら役に決まった井頭愛海さん

 女優の芳根京子さんがヒロイン・坂東すみれを演じるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」の新キャストの発表会見が7日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)で行われ、すみれの娘・さくらを井頭愛海(いがしら・まなみ)さんが演じることが明らかになった。朝ドラ初出演となる井頭さんは「全力で精いっぱい演じたいと思います。さくらとともに私も成長していけたら」と笑顔で抱負を語った。

 ほかに、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)の百田夏菜子さん演じる小澤良子の息子・龍一を森永悠希さん、土村芳さん演じる村田君枝の息子、健太郎を古川雄輝さん(朝ドラ初出演)が演じることが発表された。またさくらが惹かれるドラマー志望の青年役で林遣都さん(同)、ジャズ喫茶で働く大人びた少女役で久保田紗友さん(同)、ジャズ喫茶の女主人役で江波杏子さん、「キアリス」の社員役で永瀬匡(たすく)さん(同)、森優作さん(同)が出演することも発表された。新キャストは2017年から登場する予定。

 井頭さんは、第13回「全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞。13年1月に、美少女コンテストのファイナリストで結成された次世代ユニット「X21」のメンバーとしてデビュー。映画「おしん」で、加賀屋の娘・加代役で女優デビューを果たした。 

 「べっぴんさん」は、95作目の朝ドラ。神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後、焼け跡となった神戸で、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれている。NHK総合で月~土曜午前8時ほかで放送。全151回を予定。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る