長澤まさみ:「真田丸」きり役で“ウザい”から“ウザ可愛い”へ「すごい役をもらっちゃった」

テレビ
「真田丸」できりを演じる長澤まさみさん=NHK提供

 NHK大河ドラマ「真田丸」で、堺雅人さんが演じる主人公・真田幸村の生涯のパートナー・きりを演じる長澤まさみさん。きりは“ウザい”と話題になってきたが、長澤さんは「最初のころ、ウザいキャラといわれて、みんなに慰められました。私は何とも思っていなかったんですけどね」とあっけらかんと話した。撮影を終え、「きりは魅力的で、必ず好かれる役になると思っていました。すごい役をもらっちゃったな。全うできたと思います」と手応えを語る長澤さんに「真田丸」への思いを聞いた。

 ◇必ず好かれる役になると思っていた

 「真田丸」は、戦国時代に信州の小さな領主の下に生まれた真田幸村(堺さん)が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけている。長澤さんが演じるきりは、幸村の生涯のパートナーで、真田家重臣・高梨内記(中原丈雄さん)の娘。幸村に“ため口”で話すなど“戦国のヤンキー”ともいわれる独特のキャラクターが話題になっている。

 「真田丸」は時代劇だが、きりのせりふは現代語風ということも話題になった。しかし、長澤さんは「不思議ではなかった」といい、「せりふ回しが難しいとは常々思っていました。声のトーンが大事になりますし、分かりやすく演じることを意識しました。きりは視聴者の方の目線になることが役割なのかもしれませんね」と話す。

 きりは“ウザい”から“ウザ可愛い”に徐々に変化していったというファンの声もあった。「最初のころ、ウザいキャラと言われて、みんなに慰められたんです。私は何とも思っていなかったんですけどね。変化したという声もありますが、根本的な部分は変わっていないと思っています。そういうふうに見えるようになったのかもしれません」と語る。

 また、三谷さんは「真田丸」で俳優、女優のキャラクター性を役柄に当てはめる“当て書き”をしたといわれている。長澤さんは「三谷さんの観察眼はすごいですね。仲よくするのを控えようと思いました(笑い)。きりは魅力的で、必ず好かれる役になると思っていました。当て書きは、その本人ではないけど、演じることで魅力的になる。それを感じました。すごい役をもらっちゃったな。これでお仕事終わりにしてもいいくらい(笑い)」と喜んでいるようだ。

 ◇私は意外に運がある方なのかも

 「真田丸」では、幸村ときりの微妙な関係も見どころの一つだ。長澤さんは幸村を演じる堺さんについて「お芝居のことをたくさん学ばせていただきました。堺さんは技術、経験、知識で信繁(幸村)像をきっちり作り、いろいろなタイプの役者さんとの化学反応を楽しんでいらっしゃいました。常に勝負している。現場はお芝居のセッションのようでした」といい、「堺さんと同じことをやれといわれたら難しいですね。なかなかまねできることじゃありません」と関心しきりだった。

 撮影を終え、「楽しんでもらえる役にしたかった。全うできたと思います」と自信を見せる長澤さん。「真田丸」を含め、長澤さんはさまざまな作品で印象に残る演技を見せているが「私は意外に運がある方なのかもしれません。『世界の中心で、愛をさけぶ』にしても『モテキ』にしてもその時その時に、注目される役をいただいいるので、運がいいなあ……」と笑顔で話す。ドラマはクライマックスに突入する中、きりの活躍が見られるのか? 長澤さんの演技も注目される。「真田丸」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る