MANTANWEB(まんたんウェブ)

カインとアベル:隆一を追放した優は仕事の魔力に取りつかれ… 山田涼介主演“月9”第9話

テレビ
“月9”ドラマ「カインとアベル」第9話のワンシーン=フジテレビ提供

 アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「カインとアベル」(毎週月曜午後9時放送)の第9話が12日、放送される。第9話は、隆一(桐谷健太さん)を会社から追い出し、ますます仕事へ情熱を傾けていく優(山田さん)が、隆一が断念した“パンドラの箱”に手を伸ばす……という展開だ。

 ドラマは、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前をタイトルに使用し、ひとりの青年の成長を描くヒューマンラブストーリー。山田さん演じる優は、デベロッパーの高田総合地所に勤める青年で、優の兄で高田総合地所の副社長を務めた高田隆一を桐谷さん、優が少しずつ魅了されていくヒロインの梓を倉科カナさん、優と隆一の父で高田総合地所の社長・高田貴行を高嶋政伸さんが演じるほか、木下ほうかさん、山崎紘菜さん、大塚寧々さん、南果歩さん、寺尾聰さんらも出演している。

 第9話では、隆一の不正を暴いて会社から放逐した優は、ますます仕事に情熱を傾けていく。優には、仕事の他にもう一つ手に入れたいものがあった。役員室に梓を呼び出した優は、隆一との結婚式が中止になったことを理由に仕事を続けてほしいと頼む。しかし、梓はかたくなに退職すると告げる。一方、仕事も梓も失い、ショックを受ける隆一は、別荘に身を隠していた。そこに梓が訪ねてくる。

 隆一が会社から抜けた穴は大きかった。抱えていたプロジェクトが多岐にわたっていたからだ。貴行は頭を悩ませながらこれを役員たちに分配する。もちろん優にも仕事が割り振られたが、貴行が手元に残した古いファイルが気になる。貴行は会長の宗一郎(寺尾さん)が社長だった時代から検討されていた巨大プロジェクトで、リスクが大きすぎると封印され続けた案件だと話す。もちろん、隆一も検討はしたが断念していた。興味を示す優に、貴行は社長命令として、このプロシェクトに手を出すことを禁じる。しかし、隆一すら成し得なかったというプロジェクトにひきつけられた優は、黒沢幸助(竹中直人さん)にあることを頼み……。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る