MANTANWEB(まんたんウェブ)

ドクターX:第10話は前代未聞の母体・胎児同時手術!? “妊婦”黒木メイサが初登場

テレビ
「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第10話の一場面=テレビ朝日提供

 米倉涼子さん主演のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第10話が15日、放送される。第10話では第2子を妊娠中の女優・黒木メイサさんが妊婦役でゲスト出演。神社を参拝した大門未知子(米倉さん)は、「東帝大学病院」の外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎さん)が、どう考えても自分の妻ではない妊婦に、安産のお守りを買ってあげているのを目撃。「またも不倫か?」といぶかるが、真相は分からずじまいで……という展開だ。

 「ドクターX」は、「私、失敗しないので」の名ゼリフでおなじみの、米倉さん演じるフリーランスの天才外科医・大門未知子を通して医療現場を描いた人気ドラマ。今回は2014年の第3シリーズ以来、2年ぶりの連続ドラマとなる第4シリーズで、未知子が宿敵・蛭間重勝率いる国内最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に新たな戦いに挑む姿を描いている。

 第10話では、「東帝大」に、中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二さん)の妻・十希子(黒木さん)が出産のため入院。なんと、十希子こそ、西園寺と一緒に神社にいた妊婦だった。しかも検査の結果、十希子は心臓疾患を発症しており、このまま妊娠を継続すれば母体の命が危険にさらされることが判明する。西園寺らはうろたえるが、未知子は自分が心臓のオペをすると志願。だが、十希子は毅然とした態度で、「心臓の治療はしなくて結構。私の命よりも子供の命を優先してください」と言い放つ。

 シングルマザーの麻酔科医・城之内博美(内田有紀さん)は、十希子の思いに理解を示すが、どうしても納得がいかない未知子。副院長の久保東子(泉ピン子さん)も、「女は子供を産む機械じゃない」と反論。真っ先に十希子を治療すべきだと主張する。そんな中、未知子は必死になって、十希子も子供も両方救う術式を模索する。しかし、その先には大きな障壁が立ちはだかっていた。非情にも、十希子の前に“さらに残酷な事実”が突き付けられ、未知子の行く手にもまた、“残酷すぎる事実”が待ち構えていて……。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る