MANTANWEB(まんたんウェブ)

Chef~三ツ星の給食~:天海祐希主演ドラマ最終回視聴率8.0% 

テレビ
連続ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」最終回のワンシーン=フジテレビ提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」(フジテレビ系)の最終回が15日に放送され、平均視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、天海さん演じる世界中から注目される三つ星レストランの天才女性シェフ・星野光子が、一転して学校給食の調理師となり、さまざまな困難にぶつかりながらも前向きに人生を切り開いていく姿を描いた。天海さんのほか、小泉孝太郎さん、川口春奈さん、遠藤憲一さん、豊原功補さん、友近さん、荒川良々さんらも出演した。

 最終回は、オーナーの篠田(小泉さん)が光子にレストラン「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」に戻ってきてほしいと頼んでくる。自分を追い出しておいて今さら身勝手な言い分だと反発する光子。しかし篠田は意外な告白をし、光子も内心揺れ動く。後日、三つ葉小学校の給食栄養士・荒木(遠藤さん)の元に「給食の地産地消イベント」で使う地元野菜のサンプルが届けられた。シイタケ、ピーマン、ネギ、セロリで、光子はどれも最高の食材だと目を輝かせるが、荒木らは絶句。それは、“残食四天王”と言われる、子供が最も苦手な野菜だった。荒木のメニュー作りは難航し……という展開だった。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る