MANTANWEB(まんたんウェブ)

福士蒼汰:監督の手紙に瞳潤ませ感激 涙の小松菜奈にハンカチ手渡す“神対応”も

映画
映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の初日舞台あいさつに登場した福士蒼汰さん

 俳優の福士蒼汰さんが17日、東京都内で行われた主演映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(三木孝浩監督)の初日舞台あいさつにヒロイン役の小松菜奈さんと出席。同席した三木監督からサプライズでねぎらいの手紙が朗読されると、福士さんと小松さんは大感激で、福士さんは目を潤ませながら「単純にうれしい」と喜び、小松さんも感激の涙を見せると、ハンカチを手渡す優しさも見せた。

 三木監督は、福士さんに「現場ではリラックスした空気を作って菜奈ちゃんを常にリードしてくれた。現場で常に心の余裕を持って臨んでくれたことが印象的で、その裏ではみんなに見せない影の努力と準備を怠らず、高い意識で作品に向き合ってくれた」、小松さんにも「今回の役は本当に難しい役だったと思う。マネジャーからも菜奈ちゃん自身が今回の役作りにすごい悩んでいると聞いていた。でも現場ではその悩みを感じさせることなく、明るくひたむきに(役名の)愛美として物語の中に生きようとしてくれた」と感謝した。

 三木監督からの手紙の感想を聞かれた福士さんは、「そうですね……」と感極まった様子で目を潤ませつつ、「そういう監督の気持ちを聞けるときってないので、それを今この場で、しかも初日(という場)で聞けて、単純にうれしい。三木監督が監督で、菜奈ちゃんが愛美でよかった」と語り、小松さんは「ずるいです。いろいろ思い出してしまって……。しゃべれません」と感涙。三木監督は「本当に頑張ってくれていた。これだけ2人だけのシーンが続く映画ってなかなかないし、それだけプレッシャーは大きかったと思う。その中で2人が頑張ってくれた結果が映画に出ている」と改めてねぎらいと感謝の言葉を述べていた。

 映画は、七月隆文さんの人気恋愛小説が原作。京都を舞台に、20歳の美大生・南山高寿(福士さん)が、大学に向かう電車の中で出会った福寿愛美(小松さん)に一目ぼれし、次の約束を取り付けようとするが、愛美はなぜか涙する……というストーリー。舞台あいさつには、東出昌大さん、山田裕貴さんも登場した。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る