MANTANWEB(まんたんウェブ)

IQ246~華麗なる事件簿~:IQ246対IQ300の究極の頭脳戦 今夜ついに決着

テレビ
ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の最終回のワンシーン (C)TBS

 俳優の織田裕二さんが主演を務め、「半沢直樹」「下町ロケット」などのヒット作を生んできた「日曜劇場」枠で放送中の連続ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系、日曜午後9時)が18日、最終回を迎える。IQ246という異能を武器に難事件を鮮やかに解決してきた沙羅駆(織田さん)の前に立ちふさがるIQ300のマリア・T(中谷美紀さん)。究極の頭脳を持つ2人の最終決戦が描かれる。

 ドラマは、やんごとなき貴族の流れをくみながら、時の権力とは無関係に、あらゆる学問のみを探究してきた法門寺家の89代目当主・法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)が難事件を解決する本格ミステリー。織田さんは2013年の「Oh,My Dad!!」(フジテレビ系)以来、約3年ぶりの民放連ドラ主演で、法門寺家当主を護衛する刑事・和藤奏子役で土屋太鳳さん、沙羅駆の執事・賢正役でディーン・フジオカさんも出演している。

 最終回では、マリア・T(中谷さん)の策略で、沙羅駆(織田さん)たちは機動隊に取り囲まれてしまう。何とか包囲網から脱出を図るが、車に乗り込もうとしたところで、沙羅駆をかばった奏子(土屋さん)が警察のスナイパーに撃たれてしまう。憤る沙羅駆をいさめた賢正(フジオカさん)は、奏子を連れて病院へと駆け込む。一方、政財界では御前会議あてにマリア・Tから「日本中の電気の中枢をハッキングした」との脅迫状が届き、御前様(井上真樹夫さん)や幹部の黒木(上杉祥三さん)は一刻も早く、その行方を突き止めるようする……というストーリーが展開する。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る