菅田将暉:主演映画で“ふんどし太鼓”に挑戦 「12月に命懸けでやりたい」

映画 マンガ
「帝一の國」のトークショーに登場した菅田将暉さん

 俳優の菅田将暉さんが18日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で行われた主演映画「帝一の國(くに)」(永井聡監督)のトークショーに原作者のマンガ家・古屋兎丸(ふるや・うさまる)さんと出席した。菅田さんは劇中で、ふんどし姿で太鼓をたたくシーンに挑戦すると明かし「これから撮影なのですが、12月に(ふんどし姿になるので)命懸けでやりたい」と力強く話し、古屋さんから「(菅田さんは)体を張ってくれるので、本当にうれしい」とエールを贈られると「裸一貫で頑張ります」と目を輝かせた。

 トークショーは、「週刊少年ジャンプ」(集英社)のファン感謝イベント「ジャンプフェスタ2017」で行われた。古屋さんの作品の大ファンで「帝一を演じられるのは僕しかいない」と話す菅田さんは「帝一をやるには、それぐらい言っておかないとだめかなって(笑い)。僕も普段から(髪形の)七三をしますし、マンガの顔立ちも僕に似ていると思う」と自信をのぞかせた。また「クランクインしてから3日しかたっていないのに、もう声が枯れています」と苦労も明かしながら「永井監督はこだわりが強く(撮影に)時間がかかりますが、楽しい」と撮影の様子を語った。同マンガ担当編集者の小菅隼太郎さんも出席した。

 「帝一の國」は、「ジャンプSQ.(スクエア)」(集英社)などで連載された古屋さんの同名マンガが原作。昭和のある時代、帝一は、多くの官僚や政治家を輩出した中高一貫制の名門男子校・海帝高校に最も優秀な成績で入学。「総理大臣になり自分の国を造る!」という大きな野望の実現のため、その基礎となる同校での生徒会長の座を目指し、盟友とともに「そのためなら何でもする……」「どんな汚いことでもする……」という意気込みで、派閥や謀略、癒着、根回しなど、政界さながらの抗争を繰り広げていく姿を描くコメディー。2017年4月29日公開。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る