明日のべっぴんさん:12月24日 第72回 聖なる夜 紀夫、すみれに思い告白

テレビ
「キアリス」で手を取り合って今後について話をする紀夫(永山絢斗さん)とすみれ(芳根京子さん) (C)NHK

 芳根京子さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」は第12週「やさしい贈りもの」を放送。24日の第72回では、クリスマスの日、すみれ(芳根さん)は娘のさくら(粟野咲莉ちゃん)と「キアリス」で開かれたパーティーに参加する。店の外では深刻な表情で話をする紀夫(永山絢斗さん)と潔(高良健吾さん)の姿が。その後、紀夫はすみれに自分の思いを語り始める……。

 「べっぴんさん」は、95作目の朝ドラ。神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後、焼け跡となった神戸で、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれている。

 第11週「やるべきこと」では、すみれたちが大急百貨店にキアリスの支店を正式出店することにする一方、紀夫は極度の緊張から仕事中に倒れてしまったことで自己嫌悪し、家で寝込むようになってしまう。さらに家事や育児を手伝っていた喜代(宮田圭子さん)が腰痛を悪化させ、入院。すみれは支店の開店準備に加え、家事や育児もすべて、自分でこなすことを決意するが、仕事のトラブルで朝帰りしてしまったことをきっかけに紀夫との関係がギクシャクし、ついに過労で倒れてしまい……という展開だった。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る