MANTANWEB(まんたんウェブ)

木村拓哉:解散後初の公の場に登場「今やるべきことをやるのみ」 今年は「全力で」

テレビ
木村拓哉さんの主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」

 昨年末で解散した人気グループ「SMAP」の木村拓哉さんが11日、日本医師会館(東京都文京区)で行われた主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系、15日スタート)の舞台あいさつに登場。解散後、初の公の場となった木村さんは、退出時に報道陣から現在の心境を聞かれると「やるべきことをやるのみなんで」と短めに語り、解散前との違いを聞かれ、「変わることっていうのは確実にありますけど、今はやるべきことをやるのみです」と繰り返しコメント。最後にどんな1年にしたいか、と聞かれると笑顔を浮かべて「全力で」と語った。

 試写後、舞台あいさつに登場した木村さんは冒頭のあいさつで「(試写を見て)ようやくつながったもの、方向性、やってきたことが、間違いじゃなかったと確認ができました」と語り、「まだまだ1話が始まり、最後まで絶対に逃げずにやり抜きたいと思います」と決意を語った。舞台あいさつには竹内結子さん、松山ケンイチさん、木村文乃さん、菜々緒さん、及川光博さん、浅野忠信さんも出席した。

 ドラマは、医師として駆け出しのころ、病院を追われ、恋人を置いて単身米国に渡った外科医・沖田一光(木村さん)が、10年の時を経て、卓越した腕を持つ職人外科医として日本に戻り、愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く中、職人外科医として、不器用ながらいちずに患者と向き合う姿を描く。竹内さんが、沖田が勤務する壇上記念病院の院長の娘で、沖田のかつての恋人・壇上深冬、松山さんが、関東外科医学会会長の父を持つ井川颯太、菜々緒さんが壇上記念病院の顧問弁護士・榊原実梨をそれぞれ演じる。15日からTBSの「日曜劇場」枠で毎週日曜午後9時に放送。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る