注目ドラマ紹介:「下剋上受験」 阿部サダヲ主演 中卒の父が奇跡を起こす実話ベースの逆転劇

テレビ
連続ドラマ「下剋上受験」第1話のシーンカット=TBS提供

 俳優の阿部サダヲさんが主演し、女優の深田恭子さんと夫婦役を演じる連続ドラマ「下剋上受験」(TBS系)の放送が13日、スタートする。中卒の父と、小学生で偏差値41の娘が、受験塾に行かず、二人三脚で最難関中学を目指した実話を基にした、笑って泣ける受験ホームドラマ。

 ドラマは、桜井信一さんが自身の体験を基に書いた書籍(産経新聞出版)が原作。中卒の夫婦が、偏差値41の娘と、最難関中学への受験合格を目指し、小学校5年の夏から中学受験に挑むまでの約1年半にわたる家族の挑戦を描く。

 阿部さんが、“中卒の学歴”に立ち塞がる“見えない天井”に何度もぶち当たり、娘に同じ思いをさせまいと奮闘する主人公・桜井信一を演じ、その妻で、いつも明るく節約上手の元ギャルの専業主婦、香夏子を深田さんが演じる。2人の娘で、最難関中学を受験することになる娘・佳織を、約250人の中からオーディションで選ばれた山田美紅羽(みくう)さんが演じる。

 そのほか、東大卒で大手ゼネコン2代目社長という信一の同級生・徳川直康役を要潤さんが演じ、中学受験経験者でアドバイザーになる信一の職場の後輩・楢崎哲也役を風間俊介さん、信一の父親で叩き上げの大工・桜井一夫を小林薫さん、佳織の担任を小芝風花さんが演じる。

 第1話は、信一が娘・佳織の中学受験を決意する。中卒で下町の古い集合住宅に暮らす不動産業の熱血営業マン・桜井信一(阿部さん)は、同じく中卒の妻・香夏子(深田さん)と小学5年生の一人娘・佳織(山田さん)の3人家族。佳織が受験した「全日本統一小学生テスト」の結果も散々だった。信一は、新入社員で名門大学出身の楢崎哲也(風間さん)に、いきなり高級物件の担当客を奪われ、学歴が与える将来への影響を感じ、佳織に入塾テストを受けさせるが結果は最悪。落胆する佳織の姿を見た信一は、自分と佳織の二人三脚での中学受験を決意する……と展開する。

 ドラマは13日から毎週金曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る