MANTANWEB(まんたんウェブ)

水野美紀:倉科カナをいじめて泣かせて“キュン” 耐える姿が「色っぽい」

テレビ
新ドラマ「奪い愛、冬」制作発表記者会見に登場した水野美紀さん

 女優の水野美紀さんが16日、東京都内で行われた、倉科カナさん主演の連続ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)の制作発表記者会見に登場した。放送作家の鈴木おさむさんが脚本を手がけ、登場人物らの“奪い合う”恋愛=“奪い愛”を描く過激な恋愛ドラマで、水野さんは「登場人物たちが全員ボスキャラ級。いじめられて苦悩して耐える倉科さんが魅力的で色っぽい」とにやり。「キュンとする場面」について聞かれると、「私にいじめられて泣いている倉科さん」と不敵な笑みを浮かべていた。

 ドロドロ不倫劇が話題になった栗山千明さん主演の「不機嫌な果実」のスタッフらとともに手がけるオリジナルドラマで、デザイン会社に勤める主人公・池内光(倉科さん)は後輩の奥川康太(三浦翔平さん)と婚約中だが、元恋人で森山蘭(水野さん)と結婚している森山信(大谷亮平さん)と再会したことで、かつての気持ちを再燃させ……という展開。ドロドロしているけれど、キュンとする恋愛をスピーディーかつスリリングに描く“ドロキュン”ドラマとうたっている。

 会見には、三浦さん、大谷さん、鈴木さんも出席。“逆輸入俳優”と知られる大谷さんは「これまで韓国で仕事をしていたのですが、韓国ドラマを越えている作品になる」と手応えを語り、「“奪い愛”は、小さい頃に、(好きな子を)取り合うとか重なるとか、可愛いもので、誰でも経験をしていることだと思います。成人になって一人の女性を奪い合うとここまで、これほどすさまじいものかと、崩れていくのかと思った」と明かすと、水野さんから「今度、この話掘り下げたい」と突っ込まれていた。

 また、倉科さんは作品について「キュンキュンとドロドロが詰まって刺激的。脚本がキャッチーで、見ている人たちは癖になると思います」とアピールしつつ、「光を演じるときに、消化するのは大変で(笑い)。正しい生き方が全てじゃなく、世間から見た間違ったことでも、誰かに迷惑をかけてでも貫きたい愛があるならば、それ相応の覚悟が必要で、回を追うごとに光が強くなっていく姿が見どころです」と笑顔で語った。

 ドラマは20日から毎週金曜午後11時15分放送(一部地域を除く)。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る