松坂桃李:ファン500人の「キセキ」大合唱に「感動」 菅田将暉も「ちょっと泣きそうに」

映画
映画「キセキ-あの日のソビト-」初日舞台あいさつに登場した松坂桃李さん

 俳優の松坂桃李さんと菅田将暉さんが28日、東京都内で行われた映画「キセキ-あの日のソビト-」(兼重淳監督)初日舞台あいさつに出席。会場に集まったファン500人から4人組ボーカルグループ「GReeeeN」の大ヒットソング「キセキ」の大合唱で出迎えられ、松坂さんは「こんなお客さんが歌っている中で登場するのは初めてだったので、感動しました」、菅田さんも「ちょっと泣きそうになりましたね。合唱ってやばい」とうれしそうに笑っていた。

 「キセキ-あの日のソビト-」は、GReeeeNの「キセキ」誕生にまつわるエピソードが題材。メンバーが歯科医で顔や姿を一切出さない異色の音楽グループとして知られるGReeeeN。そのリーダーのHIDEさんと、音楽プロデューサーでHIDEさんの実兄のJINさんをモデルに、兄弟や家族の絆、仲間たちとの日々を描いている。父に反発し、バンドの道を閉ざされた兄・JINと、父の言いつけを素直に聞き、歯科大に通いながら趣味の音楽を楽しむ弟・HIDEという対照的な兄弟を、松坂桃李さんと菅田将暉さんが爽やかに熱演している。

 松坂さんはJINさんから託されたという手紙を代読すると「JINさんって本当に気持ちが真っすぐな人で、人柄が本当にすてきで、思いがすごく伝わってきすし、一緒にいて心がやわらぐ人だなって改めて思った」と感慨深げに語っていた。舞台あいさつには、菅田さんとともにGReeeeNの前身となるグループ「グリーンボーイズ」のメンバーを演じた横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さんや忽那汐里さん、平祐奈さんも登場した。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る