菅田将暉:父親も前に出るタイプ? 松坂桃李は母親からダメ出しも

映画
映画「キセキ-あの日のソビト-」初日舞台あいさつに登場した菅田将暉さん

 俳優の菅田将暉さん、松坂桃李さんが28日、東京都内で行われた映画「キセキ-あの日のソビト-」(兼重淳監督)初日舞台あいさつに出席。映画では兄弟や家族の絆が描かれているが、菅田さんは芸能界に入る際に「大賛成だった」という自分の親について、「おやじの方が前に出ている、そういう人」とにやり。番組の企画で子供の頃の写真を「送ってほしい」と頼むと「100枚単位で、あれやこれや(と送ってきた)」といい、「中におやじの写真も含まれてた」とおちゃめな素顔を明かしていた。

 一方、菅田さんとは反対に父親から芸能界入りを「猛反対された」という松坂さんは「今は応援してくれていて、連絡もたまに来る。すごい長い文章のメールが」と告白。また、映画を見た母親からは「『かっこつけるのをやめなさい』と言われた」と身内からのダメ出しエピソードを明かし、会場を沸かせていた。

 「キセキ-あの日のソビト-」は、4人組ボーカルグループ「GReeeeN」の大ヒットソング「キセキ」の誕生にまつわるエピソードが題材。メンバーが歯科医で顔や姿を一切出さない異色の音楽グループとして知られるGReeeeNのリーダーのHIDEさんと、音楽プロデューサーでHIDEさんの実兄のJINさんをモデルに、兄弟や家族の絆、仲間たちとの日々を描いている。父に反発し、バンドの道を閉ざされた兄・JINと、父の言いつけを素直に聞き、歯科大に通いながら趣味の音楽を楽しむ弟・HIDEという対照的な兄弟を、松坂さんと菅田さんが爽やかに熱演している。

 舞台あいさつには、菅田さんとともにGReeeeNの前身となるグループ「グリーンボーイズ」のメンバーを演じた横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さんや忽那汐里さん、平祐奈さんも登場。平さんは「この仕事を始めたきっかけが、母と祖母が是枝裕和監督の『奇跡』のオーディションに私の知らない間に応募していて。それでデビュー作から(『キセキ』の)兼重監督にもお世話になっていて。今回、この兼重監督の『キセキ』というのでまたお世話になって、またこれが奇跡だな」と笑顔。菅田さんから「奇跡だらけ、“奇跡女優”だね」と言葉をかけられると、うれしそうな笑みをこぼしていた。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る