ベスト・アニメ100:NHKがアニメランキングを発表する狙い ファンの熱い思いが結果に

アニメ テレビ
2017年に日本でアニメが初めて公開されてから100周年を迎えることを記念したNHKの企画「ニッポンアニメ100」のロゴ=NHK提供

 日本で制作された約1万タイトルの作品群の中からウェブ投票でベスト100を選出するNHKの企画「ベスト・アニメ100」の中間発表が1月末に公開され、ネットを中心に話題になっている。中間発表では「TIGER & BUNNY(タイバニ)」が暫定首位に立つなど、トップ10は90年代以降の作品が占めた。そもそも、なぜNHKがランキング企画を実施するのか? 組織票が多いのでは……。NHKの編成局展開戦略推進部の土橋圭介チーフプロデューサー(CP)に狙いを聞いた。

 ◇視聴者と一緒にアニメ100周年を盛り上げたい

 「ベスト・アニメ100」は、2017年に、日本でアニメが初めて公開されてから100周年を迎えることを記念したNHKの企画「ニッポンアニメ100」の一環として実施。特設サイトで1910~2010年代の作品の中から一日3作品(同一作品は無効)投票できる。3月31日まで投票を受け付けており、5月3日放送の特番で結果が発表される。また、「ベスト・アニソン100」は2月10日まで投票を受け付けており、18日にNHK・BSプレミアムで放送される「カウントダウンLIVE アニソン ベスト100!」で結果が発表される。

 昨年末、ランキング企画が行われることが発表されると、ネットでは「NHKがやるのか!?」などとネットを中心に話題になった。「ニッポンアニメ100」では、押井守さんや笹川ひろしさん、富野由悠季さんらクリエーターの魅力に迫る「クリエーターたちのDNA~ニッポンアニメ100年史~」という“NHKらしい”ドキュメンタリーも放送されたが、お堅いイメージのあるNHKが、民放で放送されたアニメを含めたランキングを発表することが、ミスマッチと感じた人も多かったのかもしれない。

 土橋CPは「100周年ということで、何が盛り上がるのか?を考え中で、視聴者の皆さんと一緒に盛り上げたいとなった。やはり、視聴者投票は盛り上がる。NHKが……という声もあるようですが、BSプレミアムでは昨年、『ウルトラマン』のランキング企画を行ったり、NHK-FMの『アニソン・アカデミー 』でもランキング企画があるので、そんなに珍しいことではないかもしれません」と話す。

 ◇μ 'sが抜けたのはシステムの不具合

 「ベスト・アニソン100」「ベスト・アニメ100」に投票するには、特設サイトの専用フォームを使用する。サイトには1910~2010年代までの膨大なアニソン、アニメが登録されており、投票する際はデータベースから楽曲、作品を検索、選択する。データベースはアニソンが「専門家の助言をもとに番組独自で作成したもの」、アニメが「日本動画協会より提供されたもの」だという。

 投票がスタートすると、「ベスト・アニソン100」に「ラブライブ!」の声優陣によるユニット「μ 's(ミューズ)」の楽曲がないなどと一部ファンがザワついた。土橋CPは「μ 'sがごっそり抜けていたのは、システムの不具合でした。ご指摘をいただいたので、システムを改修して、翌日には復旧しました。自転車操業なので……」と明かす。

 当初は「アニメファンに気付いてもらえないかもしれない」と心配していたというが、結果として「1月8日に『視聴者投票スタート!アニメ100人くらいに聞きました』を放送してから、すごく盛り上がりました。投票数は想定よりも多い」と好感触のようだ。

 ◇票が集まる作品=熱いファンが多い

 今回のランキング企画は、一人で多数の票を持つ特別審査員などがいない。「まったくの視聴者中心」だという。一日3作品(同一作品は無効)投票できることから、組織票がランキングを左右しそうだ。「ベスト・アニメ100」の中間発表では「タイバニ」が暫定首位で、2位は「カードキャプターさくら」、3位は「おそ松さん」、4位は「魔法少女まどか☆マギカ」、5位は「コードギアス 反逆のルルーシュ」と90年代以降の作品が上位を占めた。一方で「機動戦士ガンダム」は12位、「ルパン三世 カリオストロの城」は21位、「宇宙戦艦ヤマト」は25位、「風の谷のナウシカ」は33位、「天空の城ラピュタ」は50位と、70~80年代の人気アニメは今のところ伸び悩んでいる。

 土橋CPは「選挙のように一人一票ではないので、組織的に票を入れることもあるかもしれません。ただ、票が集まる作品は、熱いファンが多いということ。ファンの熱い思いも大事ですし、その思いも受け止めたい。皆さんが思い描いている結果にならないかもしれませんが、100年という節目の今、どんな作品に熱烈な支持が集まっているかを見ることができるかもしれません。番組として、結果をどうやってお伝えするかが大事になる」と話す。

 土橋CPによると、番組で最終的にランキングを発表する際は「数字(投票総数)を出す予定」だという。中間発表を受けて、投票合戦が過熱することも考えられる。「タイバニ」が逃げ切るのか? それともほかの作品が急上昇するのか? 最終発表まで目が離せない。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る