坂口健太郎:大好物のゆで卵“100個”に興奮 サプライズにmiwaも「愛を感じた」

映画 マンガ
映画「君と100回目の恋」の大ヒット舞台あいさつに登場した坂口健太郎さん

 俳優の坂口健太郎さん、シンガー・ソングライターのmiwaさんが12日、東京都内で行われたダブル主演映画「君と100回目の恋」(月川翔監督)の大ヒット舞台あいさつに登場した。14日のバレンタインデーとタイトルにちなみ、坂口さんにはゆで卵100個、miwaさんには100個のおにぎりという、それぞれの大好物がサプライズでプレゼントされた。

 坂口さんは、ゆで卵100個が乗せられた台車が会場に現れると顔に手を当てて驚き、ゆで卵を眺めたり、手に取ったりしながら「食べるのに3か月ぐらいかかりますね」と興奮。一方、miwaさんは100個のおにぎりに「100個にぎるのが大変。愛を感じました」と大喜びしで、坂口さんは「(おにぎりの)味が気になりますね。僕の(ゆで卵)は、名古屋コーチンとかありますから」と話していた。

 今朝もゆで卵を食べてきたという坂口さんは、4日に公開された同映画について「SNSなどで幅広い層に見ていただけているようで、うれしい」と満面の笑み。報道陣向けの写真撮影では、観客から「おにぎりと卵を持って」と促され、坂口さんとmiwaさんがそれぞれのプレゼントを手に持って撮影に応じていた。舞台あいさつには月川監督も出席した。

 「君と100回目の恋」は、miwaさん、坂口さんがダブル主演し、大学生の日向葵海と、幼なじみの長谷川陸がタイムリープする物語。葵海は7月31日の誕生日に、事故に遭ってしまうが、気が付くと事故の1週間前に戻っていた。動揺する葵海に陸は「時間を戻すことができる」という秘密を明かす。2人は、さらに1年前に戻り、恋人同士として幸せな日々を送るが、再び事故に遭った7月31日がやってきて……というストーリー。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る