佐々木希:公開アフレコでNG連発 GACKTのフォローに感激

映画
映画「キングコング:髑髏島の巨神」公開アフレコイベントに登場した佐々木希さん(左)とGACKTさん

 モデルで女優の佐々木希さんとミュージシャンのGACKTさんが16日、東京都内のスタジオで、日本語吹き替えを担当する映画「キングコング:髑髏島の巨神」(ジョーダン・ボート=ロバーツ監督)の公開アフレコを行った。同作でハリウッド映画の吹き替えに初挑戦する佐々木さんは、緊張のあまりNGを連発。するとGACKTさんは「可愛いね……」とつぶやいて場を和ませたり、そっとアドバイスをするなど優しくフォロー。公開アフレコは無事終了し、佐々木さんは「オーラがピカピカって輝いていて、優しい方」とGACKTさんの対応に感動していた。

 映画は、人類未踏の謎の髑髏島(どくろとう)に潜入した調査遠征隊たちが、島の巨大な守護神コングや、謎の巨獣たちと遭遇し、島からの脱出を試みる……という物語。GACKTさんがトム・ヒドルストンさん演じる主人公の調査隊リーダー・コンラッド、佐々木さんはブリー・ラーソンさん演じるヒロインの写真家・ウィーバーの吹き替えを務める。映画は3月25日公開。

 2人は今回が初共演だったといい、佐々木さんが「GACKTさんと初めてこうやってお仕事をさせてもらいますが、私なんかとお話ししてくださるのかと思っていたら、最初から話しかけてくださって優しい方だと感動しました」と明かすと、GACKTさんは「僕は可愛い人には優しいですよ」と笑顔を見せた。

 映画について、GACKTさんは「正直、あまり期待していなかったけれど、最後は前のめりになるくらいめちゃくちゃ面白かった。僕はあまりここまで言わないけれど、『ジュラシック・パーク』の20倍面白い!」と絶賛して、報道陣の笑いを誘っていた。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る