乃木坂46・橋本奈々未:涙で芸能界引退「皆さん、さようなら」 白石麻衣と抱擁も

アイドル
卒業コンサートで5年半の芸能活動に終止符を打った「乃木坂46」の橋本奈々未さん(中央)

 アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー・橋本奈々未さんが20日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開かれた「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未卒業コンサート~」に出演し、同コンサートもって芸能界から引退した。橋本さんは涙であいさつし、自らがセンターを務めた「サヨナラの意味」を熱唱しながら会場を一周。ゴンドラに乗って会場を見下ろし、「ありがとうございました。皆さん、さようなら」と別れを告げ、2011年のグループ結成時から約5年半の芸能活動に終止符を打った。

 橋本さんは自身が選んだアンコール曲「ないものねだり」にかけて、「(引退して)別の道を進みたいと思うのが、一番ないものねだりだなと感じています」と涙を見せ、「お別れして皆さんの先にある道に、楽しいこと、幸せなことがあることを願っています。本当にたくさんの応援をしてくれて、ありがとうございました」と感謝を伝えた。

 さらに、アンコールでは、白石麻衣さんからサプライズの手紙も。白石さんは「ななみんのこと、心から尊敬しています。橋本奈々未という女の子に頼ったことは、人生最高の自慢です。これから、ななみんらしく格好いい人生を送ってください。ずっと大好きです 白石麻衣」と読み上げると、橋本さんと抱き合うシーンもあり、橋本さんは会場のファンに向かって「(白石さんからの手紙)いいだろう!」と自慢していた。

 コンサートは、アンコールと同じ「サヨナラの意味」でスタート。25曲目の「ハウス!」では、バックステージ席の2階へ“乱入”するサービスを敢行してファンを喜ばせたほか、この日で24歳の誕生日を迎えた橋本さんは、メンバーと示し合わせて、同じ誕生日のメンバーの伊藤万理華(まりか)さんの誕生日をサプライズで祝福した。橋本さんは「(結婚式の)ファーストバイトみたい。万理華、誕生日おめでとう」と笑って、会場から拍手を浴びていた。

 乃木坂46がさいたまスーパーアリーナで単独の公演をするのは初めて。橋本さんの卒業コンサートの20日は、見切れ席やバックステージ席も含めた約3万5000席が完売した。

アイドル アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る