あさひなぐ:人気なぎなたマンガが乃木坂46西野主演で実写映画化 齋藤飛鳥が舞台版主演

映画 マンガ アイドル
「あさひなぐ」の実写映画版で主演を務める「乃木坂46」の西野七瀬さん(左)、舞台版の主演の齋藤飛鳥さん(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会(C)2017 舞台「あさひなぐ」製作委員会(C)2011 こざき亜衣/小学館

 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中のなぎなたをテーマとしたマンガ「あさひなぐ」が、実写映画化、舞台化されることが分かった。映画版は、アイドルグループ「乃木坂46」の西野七瀬さん、舞台版は、同グループの齋藤飛鳥さんが主演を務める。西野さんは映画初出演で初主演。齋藤さんは舞台初挑戦となる。21日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催された乃木坂46のライブ「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE」で発表された。

 映画は今秋、公開される。舞台は、5月20日からEXシアター六本木(東京都港区)で上演され、乃木坂46の井上小百合さん、新内眞衣さん、若月佑美さん、生駒里奈さん、堀未央奈さん、衛藤美彩さん、北野日奈子さんも出演する。

 原作者のこざき亜衣さんは「『仲間であり、同時にライバルでもある。』という部活動における武道の性質は、なんだかアイドルに似ているなとマンガを描きながら常々思っていました。それがこんなふうに形になる日が来るとは……。夢には思ってもまさか実現するとは思いませんでした。乃木坂46というグループの持つ凜(りん)とした透明な空気感、可愛らしさだけではない個々の意志の強さのようなものが、きっとこの作品に特別な命を吹き込んでくれるものと思います。普段から厳しい世界に身を置く彼女たちだからこそ表現できる『あさひなぐ』を、原作者としてとても楽しみにしています」とコメントを寄せている。

 「あさひなぐ」は、中学まで美術部だった東島旭が“強い女性”になるため二ツ坂高校薙刀(なぎなた)部に入部し、強くなるため練習に励む姿を描いたマンガ。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る