リトルウィッチアカデミア:主題歌アーティストのYURiKA、大原ゆい子 「アッコらしい楽曲に」

アニメ
アニメ「リトルウィッチアカデミア」のオープニングテーマ「Shiny Ray」を歌うYURiKAさん(左)とエンディングテーマ「星を辿れば」を歌う大原ゆい子さん

 「キルラキル」などのアニメ制作会社「トリガー」が手がけるテレビアニメ「リトルウィッチアカデミア」。オープニングテーマ「Shiny Ray」を歌うのが歌手のYURiKAさん、エンディングテーマ「星を辿れば」を歌うのがシンガー・ソングライターの大原ゆい子さんだ。同曲でメジャーデビューしたYURiKAさん、2015年に劇場版「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」のエンディングテーマも歌った大原さんに、それぞれの楽曲やアニメへの思いを聞いた。

 ◇アニメ主題歌決定に半信半疑

 --アニメの主題歌に決まった際に感じたことを教えてください。

 YURiKAさん ずっとアニメの歌を歌いたかったので、喜びつつ、どっきりじゃない!?と半信半疑でした。実感がなかったんですよね。ジャケットの写真を撮ったり、アニメの放送が近づくにつれ、徐々に自覚しました。それに、デビューが決まって親戚がどんちゃん騒ぎでした。家族、まわりの人の夢でもあったので。

 大原さん アニメを見た方に曲を聴いていただけることがうれしいです。ただ、テレビで流れるまで不安でした。

 YURiKAさん やっぱり不安ですよね。

 --「リトルウィッチアカデミア」の主題歌ということで意識したことは?

 YURiKAさん 歌い方です。もともと格好いいイメージの曲を好んで歌っていたのですが、ポップで可愛い歌い方は初めてだったんです。自分らしさを残しつつ、作品の世界観を意識するのが難しかったです。

 大原さん 私は作詞、作曲も手がけたので、アニメの脚本を先に見させていただきました。また、エンディングは「おやすみなさい」と寝る前に聴く……というイメージと聞いていました。作品への思いがありすぎて、歌詞がたくさん思いついてしまい……。歌詞をブラッシュアップするのが大変でした。

 YURiKAさん オープニングとエンディングでは曲調は違いますが、どっちもアッコ(主人公のアツコ・カガリ)らしいんですよね。オープニングは、前しか向いていないアッコを意識しました。

 大原さん エンディングはアッコが、一日の最後にどんな思いでいるのか?を考えましたね。

 --ここを聴いてほしい!というところを教えてください。

 YURiKAさん ジェットコースターのような曲。アッコたちが空を飛んだり、躍動しているところを想像して聴いてください。

 大原さん アニメのいろいろなエピソードに当てはめるように歌詞を考えました。歌詞にも注目してほしいです。

 ◇監督を質問攻め 感極まり涙も…

 --「リトルウィッチアカデミア」の魅力は?

 YURiKAさん 1話があっという間に終わるんです。動きがきれいで、色も可愛いですよね。最後にエンディングを聴いて「よかったなあ……」となり、来週も頑張ろう!という気持ちになります。

 大原さん 私も好きすぎて、監督にお会いした時に質問攻めにしてしまいました。

 YURiKAさん 監督にお会いした時、興奮しましたよね。

 大原さん 私は感極まって泣いてしまいました……。アニメは何度も見返しています。自分がエンディングを歌っていなかったとしても、大好きになったと思います。

 --今後は2人でリリースイベントも予定していますが、意気込みは?

 YURiKAさん 私がどんな人なのかを知ってもらえる機会が、まだ少ないので「はじめまして! よろしくお願いいたします!」という気持ちでいきたいです。今まで応援してくださった方にも「ありがとう!」と言いたいですね。

 大原さん リリイベ(リリースイベント)に憧れていたので、やっとできる!という気持ち。うれしいですね。

 YURiKAさん 大阪のイベントではたこ焼き食べましょうよ! 年末、大阪でアニメの上映会があった時、2人で食べたんですよ。

 大原さん おいしかったよね!

 YURiKAさん 沖縄も行きたい! いろいろなところに行きたいんです。

 大原さん 私は石川県に行きたい。金沢の駅が見たいので。

 ◇チャレンジしたいことがいっぱい

 --YURiKAさんはメジャーデビューして感じていること、変わったことはありますか?

 YURiKAさん アニメやゲームが大好きで、大好きな世界でデビューできたことが、めっちゃうれしいです。駆け抜けている感じがしますね。変わったことは、6キロくらい体重を落としました。今は、食のことばかり考えています。人前に出て見られることって大変なんだな……と感じています。ただ、人と話すことが好きですし、大変なことよりも楽しいことが多いです。

 --今後、チャレンジしたいことは?

 YURiKAさん やりたいことがありすぎるんです。ラジオも好きだし、いろいろなところでおしゃべりもしたい。

 大原さん さまざまな作品と関わって、皆さんの心に残る曲を書いていきたいですね。

 <プロフィル>

 YURiKA 4歳でピアノを始めるも、幼少期から興味の中心は歌。小学6年生の時、アニソンシンガーになることを決意。中学・高校時代は合唱部で歌唱力を磨き、高校3年で「アニソングランプリ」に初挑戦、初出場を果たす。短大進学後は、学業と並行してライブ活動を行う。2014年に「歌唱王」(日本テレビ)で全国6位、「第1回アニソンのど自慢G」(NHK)では優勝を果たす。16年「第1回TOHO animation RECORDS 次世代アーティストオーディション」に合格した。

 大原ゆい子 3歳でエレクトーン、小学5年生の時には部活でバイオリンを習い始め、中学でギターを独学で弾き始める。2014年秋、「リトルウィッチアカデミア」の主題歌アーティストオーディションに応募し、主題歌アーティストの座をつかみ取る。15年に劇場版アニメ「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」のエンディングテーマ「Magic Parade」でメジャーデビューした。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る