MANTANWEB(まんたんウェブ)

永野芽郁:初主演映画舞台あいさつで感涙 「本当に幸せ」

映画 マンガ
映画「ひるなかの流星」の舞台あいさつで涙を流した永野芽郁さん(中央)

 女優の永野芽郁さんが2日、東京都内で行われた初主演映画「ひるなかの流星」(新城毅彦監督、24日公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。イベントの最後で一言あいさつを求められた永野さんは「泣きそう……」と大粒の涙を手でぬぐいながら「自分が初めて主演としてやらせていただいた映画が、『ひるなかの流星』で、すてきなキャスト、スタッフに囲まれて本当に幸せでした。全力で頑張った作品、愛を込めて作った作品なので、楽しんでください」と満面の笑みを見せた。

 「ひるなかの流星」は、少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)で連載されたやまもり三香さんの人気マンガが原作。永野さん演じる恋を知らない田舎育ちの女子高生・与謝野すずめが、東京に転校し一見チャラそうな担任教師の獅子尾と、無愛想なイケメンの馬村に出会い、初恋を経験し成長する姿を描く。

 永野さんは「初めはオーディションを受けたのですが、受かってからも座長が務まるわけがないという自信が持てず、不安だったり葛藤があった」と振り返り、「今、やらせていただけるなら、自分なりに頑張ろうという気持ちでやりました」とコメント。自身も現役女子高生で、「(女子高生の)すずめはぼーっとしていたり、何かを一生懸命やろうという姿に自分に共感できる部分があった」とほほ笑んだ。

 舞台あいさつには、永野さんのほか、獅子尾五月役の三浦翔平さん、馬村大輝役の「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さん、猫田ゆゆか役の山本舞香さん、新城監督も出席し、司会はフジテレビの三上真奈アナウンサーが務めた。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る