MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:「ニンテンドースイッチ」発売もトップは「ホライゾン」

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」がついに発売されました。お問い合わせもかなりいただいていて盛り上がりを感じますね。同時購入ソフトは、やはり「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(任天堂)で、本体購入者の半分以上が選んでいます。「ワンツースイッチ」(同)、「スーパーボンバーマン R」(コナミデジタルエンタテインメント)あたりも売れました。

 ただし、ソフトの販売数で見ると、1位は「ホライゾン ゼロ ドーン」(PS4、SIE)でした。素晴らしい売れ行きで、一部店舗で欠品するほど。先月の「仁王」(コーエーテクモゲームス)、「ニーア オートマタ」(スクウェア・エニックス)もそうですが、ここに来てPS4の盛り上がりを感じますね。

 ◇今週の動き

 「キングダム ハーツ -HD 1.5+2.5 リミックス-」(PS4、スクウェア・エニックス)がトップと予想。熱心なファンがついているシリーズで、前作「キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ」もヒットしただけに今回も期待できるのでは。Z指定タイトルの新作「ゴーストリコン ワイルドランズ」(同、ユービーアイソフト)、「ホライゾン ゼロ ドーン」が続きそうです。

 ◇ランキングは次の通り(2月27日~3月5日・TSUTAYA調べ・限定版含む)
 

1位 ホライゾン ゼロ ドーン(PS4)
2位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(NS)
3位 ワンツースイッチ(NS)
4位 ニーア オートマタ(PS4)
5位 スーパーボンバーマン R
6位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
7位 ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル(3DS)
8位 ドラゴンクエストヒーローズ1・2 for Nintendo Switch(NS)
9位 仁王(PS4)
10位 スーパーロボット大戦V(Vita)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る