ビートたけし:ハリウッド版「攻殻機動隊」に自信 「実写化初の成功例。そのぐらい見事」

アニメ 映画
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の来日記者会見に登場したビートたけしさん(左)とスカーレット・ヨハンソンさん

 タレントのビートたけしさんが16日、東京都内で開かれたハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(ルパート・サンダース監督、4月7日公開)の来日記者会見に登場。士郎正宗さんのマンガが原作の人気アニメ「攻殻機動隊」を実写化した作品で、荒巻役のたけしさんは「最初にアニメ、マンガの実写化に成功した例ではないか。そのぐらい見事な作品と思っている」と自信をみせた。

 たけしさんは「マニアックな人に『実写版(の映画は)は原作のマンガやアニメに負けている』と文句を言われるのが定説なんですけれど……」と切り出し、「昨日(映画を)見た限りはすごい。原作に忠実で、それでいて新しいものが入っている。大きなスクリーンで見ていただければ、よくわかると思います」と絶賛した。一方で「唯一の失敗は(自分が演じた)荒巻じゃないか」と相変わらずの“たけし節”で会場を笑わせていた。

 映画は、近未来の電脳化社会を舞台に、少佐(スカーレット・ヨハンソンさん)が率いるエリート捜査組織「公安9課」がサイバーテロ組織と対決し、捜査をするうちに自分の記憶が操作されたことに気づく……というストーリー。たけしさんは少佐の上司・荒巻を演じている。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る