MANTANWEB(まんたんウェブ)

べっぴんさん:春の大型連休中にスピンオフドラマ3本 初のラジオドラマも

テレビ
「連続テレビ小説べっぴんさん 特別編 忘れられない忘れ物~ヨーソローの1日~」(C)NHK

 芳根京子さん主演で1日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」のスピンオフドラマ3本と関連番組2本が、春の大型連休期間に放送されることが明らかになった。朝ドラのスピンオフとしては初めてラジオドラマ「たまご焼き同盟」も放送される。

 29日午後7時~同59分にはBSプレミアムでスペシャルドラマ「恋する百貨店」を放送。子ども服店「キアリス」の売り子・悦子(滝裕可里さん)と結婚した大急百貨店営業主任・小山小太郎(夙川アトムさん)。結婚の裏側で繰り広げられた小山の純愛物語で、芳根さんら主要キャストも出演する。

 5月4日には総集編の前後編で一挙放送。昨年末に放送した前編を午前8時15分~9時43分に再放送し、本編後半の見どころを凝縮した後編も同9時50分~11時18分に放送。同じく5月4日午前10時10分~同50分には、スピンオフ初のラジオドラマ「たまご焼き同盟」をラジオ第1で放送。芳根さん、百田夏菜子さん、土村芳さん、滝裕さんらが出演し、女学生時代、なぜすみれは「手芸倶楽部」を結成したのか、という謎が明かされるという。

 5月6日午後7時~7時59分にはBSプレミアムで特別編「忘れられない忘れ物~ヨーソローの一日~」を放送。本編では語られなかったアナザーストーリーが、オムニバス形式で描かれる。ヒロイン・すみれがストーリーテラーとなって、「勝二と五月の怪しい関係?」「節子が怪事件に挑む!」「キアリスにライバル登場?!」「栄輔と武ちゃんが対決!」「天国のあの人が再び…」というバラエティーに富んだ五つの物語をラインアップしている。

 「べっぴんさん」は、95作目の朝ドラ。神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後、焼け跡となった神戸で、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれた。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る