MANTANWEB(まんたんウェブ)

小栗旬:西島秀俊と民放連ドラ初共演で「イメージ覆された」

テレビ
連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の制作発表会見に登場した小栗旬さん(左)と西島秀俊さん

 俳優の小栗旬さんが6日、東京都内で行われた主演を務める連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(関西テレビ・フジテレビ系)の制作発表会見に共演の西島秀俊さんらと登場。民放の連ドラ初共演となる西島さんについて「ものすごくストイックな方というイメージがあった」という小栗さんは、実際共演し「かなりナチュラルな方。ずっと現場で笑っているんですよ。こんなに楽しそうに過ごしている人なんだとびっくりしました」と告白。「野武士みたいなイメージだったので、覆された」と驚きを明かした。

 西島さんは、小栗さんについて「座長として、いろいろなものを背負って現場にいるなあと感じた」と語り、「人の心にグイグイ入ってくる。僕は結構ドアを閉じているタイプなんですが、ものすごく入ってくるので、自分の中では弟みたいに感じ始めています」と明かした。

 また、西島さんは小栗さんの“弱点”を聞かれると「のめり込みすぎ」と回答。アクションシーンのための稽古(けいこ)などにのめり込んでいるといい、「撮影中も空き時間は稽古しているし。銃の扱い方も納得いかないと稽古する。そういう弱点がありますね」と明かし、小栗さんを苦笑させていた。

 会見には、小栗さん、西島さんのほか、田中哲司さん、野間口徹さん、新木優子さん、長塚京三さんが出席した。

 ドラマは、直木賞作家の金城一紀さんが原案と脚本を担当。人に言えない過去を持つ各分野のスペシャリストが結集した公安機動捜査隊特捜班の面々が、時に国家や政府の「汚れ仕事」もこなし、正義感と現実とのはざまに苦悩しながらも、うごめく巨悪や政治的な思惑が絡まり合う国家の危機に立ち向かう姿を描く。主人公の元自衛隊員の捜査員・稲見を小栗さんが、元外事警察の捜査員・田丸を西島さんが演じ、田中さん、野間口さん、新木さんも出演する。11日から毎週火曜午後9時放送、初回は15分拡大。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る