MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「ReLIFE」 青春真っ盛り! 中川大志と平祐奈、主演2人の等身大の演技に注目

映画 マンガ
映画「ReLIFE リライフ」のメインビジュアル (C)夜宵草/comico(C)2017「ReLIFE」製作委員会

 俳優の中川大志さんと女優の平祐奈さんがダブル主演する映画「ReLIFE リライフ」(古澤健監督)が15日から公開される。マンガアプリ「comico(コミコ)」で夜宵草(やよいそう)さんが連載中の青春ラブストーリーが原作。SF要素もありつつ、夏祭りに学園祭、卒業旅行から甘酸っぱい恋の駆け引きに告白までと、登場人物たちのまさに青春真っ盛りなキラキラとした日常が丁寧に描かれている。撮影当時、高校3年生だったという主演2人の等身大の演技にも注目だ。

 映画は、27歳で就職活動中の海崎新太(中川さん)が「リライフ研究所」の職員・夜明了(千葉雄大さん)と出会い、社会復帰プログラムの被験者として薬で見た目だけ若返り、1年限定で高校生になる……という内容。平さんが成績トップで一見クールだが、人とのコミュニケーションを極度に苦手とする“友達ゼロのぼっち女”日代千鶴を演じ、負けん気の強い努力家で、根は優しいものの日代をライバル視している狩生玲奈役で池田エライザさん、狩生がひそかに思いを寄せる一見チャラ男な優等生・大神和臣役で高杉真宙さん、楽天的で人なつっこいムードメーカーの小野屋杏役で岡崎紗絵さんも出演している。

 薬で見た目だけ若返った海崎は、社会復帰プログラムの被験者として通い始めた高校で、日代や狩生、大神ら新しい仲間と出会い、楽しい学園生活を送っていくが、中川さん扮(ふん)する17歳の海崎の、どうしてもちょっと浮いてしまう“おっさんくささ”が絶妙。そんな海崎の妙な真っすぐさ、時に一人で突っ走ってしまうような熱さに周りは巻き込まれ、感化されていくが、それは観客も一緒で、時間の経過とともに、映画の中にある青春のきらめきが絵空事としてではなく、リアルに感じられていくというのも、作品の大きな魅力といえる。もう一人の主人公・日代を演じた平さんも、“不気味なニタリ顔”からメイド服姿でのキュートなダンスまで、さまざまな表情・格好で見る者を楽しませてくれ、“2017年のニューヒロイン”の呼び名にふさわしい活躍を見せてくれている。15日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開。(山岸睦郎/MANTAN)

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る