MANTANWEB(まんたんウェブ)

今週の小さな巨人:新章「豊洲署編」開始 学園経理課長の失踪が日本警察を揺るがす事件に

テレビ
日曜劇場「小さな巨人」第6話のワンシーン=TBS提供

 長谷川博己さん主演のドラマ「小さな巨人」(TBS系、日曜午後9時)の第6話が21日、放送される。主人公の刑事・香坂真一郎(長谷川さん)は、ベンチャー企業社長・中田隆一(加藤晴彦さん)の殺人を立証して逮捕したものの、自らはマスコミへ警察の内部情報をリークした責任を取らされて豊洲署に異動となった。そして、日本警察を揺るがす新たな大事件に香坂が巻き込まれる新章「豊洲署編」がスタートする。

 豊洲署の香坂は、早明学園の事務局で経理課長を務めている横沢裕一(井上芳雄さん)の失踪について相談される。香坂は、山田春彦(岡田将生さん)や三島祐里(芳根京子さん)と学園へ出向き、新人警察官時代に世話になった学園の専務・富永拓三(梅沢富美男さん)と再会を果たす。富永は、元警視庁捜査1課長で、小野田義信(香川照之さん)を1課長の座へ引き上げ、天下りで今の職を得ていた。富永は、香坂に理事長の金崎玲子(和田アキ子さん)を紹介する。

 金崎と富永から事件の聴取をすると、横沢の横領は認めつつも、一大プロジェクトが始まった大事な時期だけに、公にしたくないから示談にすると言われてしまう。しかし失踪騒ぎは一大事件へ発展する。

 前週の第5話は、香坂が署長の三笠洋平(春風亭昇太さん)の不正を突き止めたものの、100%の確証がないため逮捕には至らず、小野田から捜査情報の漏えい防止を理由に待機を言い渡される。しかし、香坂は部下や仲間の助けを得て三笠が隠した決定的な証拠を見つけ出し、中田を逮捕した。だが警察組織の論理から三笠が罰を受けることはなく、香坂が苦悩する中で「芝署編」は完結した。

 「小さな巨人」は、警視庁の捜査1課長を目指すエリート刑事・香坂が、小さなミスで出世の道から外されて所轄の刑事となるが、警察の体制に疑問を抱いて奮闘するという内容。「半沢直樹」や「下町ロケット」などの伊與田英徳(いよだ・ひでのり)さんがプロデュースを担当するオリジナル作。難事件解決に加え、警視庁と所轄の確執など警察内部の闘いも描く。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る