MANTANWEB(まんたんウェブ)

宮野真守:中学時代の“甘酸っぱい思い出”告白「好き同士になって…」 公開アフレコにも初挑戦

アニメ 芸能
劇場版アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の公開アフレコを行った宮野真守さん

 声優の宮野真守さんが25日、東京都内のスタジオで劇場版アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(8月18日公開)の公開アフレコを行い、中学時代の“甘酸っぱい思い出”を告白した。

 宮野さんは「なんか告白して、好き同士になって。でもその瞬間、しゃべれなくなりました。無視しちゃいました」と、照れながら思い出話を披露。共演の菅田将暉さんから「可愛い~」とからかわれると、宮野さんは「(今は)おじさんだけどね。そういうのを思い出しながらこの作品をやりました」と話していた。

 今回、宮野さんは、菅田さん演じる典道の恋のライバル・祐介の声を担当。公開アフレコは初めてでスタート前に「爪あとを残します」とにやり。ヒロイン・なずな役の広瀬すずさんを交えてアフレコを無事終えると、宮野さんは「アフレコ中に(カメラの)シャッターを切られることって普段はないので、そこに緊張しました。でもいい体験でした」と振り返っていた。

 同アニメは、1993年に制作された岩井俊二監督のテレビドラマ作品が原作で、現代的な要素を加え、長編ならではのラブストーリーに仕上げている。とある海辺の町が舞台で、クラスメートたちが花火大会を前に「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか?」と盛り上がる中、クラスのアイドル・なずなに思いを寄せる典道は、時間が巻き戻る不思議な体験の中で、なずなから「かけおち」に誘われるが……というストーリー。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る