MANTANWEB(まんたんウェブ)

今週の小さな巨人:裏切り者は誰? 17年前の事件の真相とは?

テレビ
日曜劇場「小さな巨人」第9話のワンシーン=TBS提供

 長谷川博己さん主演のドラマ「小さな巨人」(TBS系、日曜午後9時)の第9話が11日、放送される。予告では、主人公の刑事・香坂真一郎(長谷川さん)が「あなたこそが裏切り者だ」と大声で叫ぶシーンから始まり、警視庁捜査1課長の小野田義信(香川照之さん)が香坂に詰め寄ったり、小野田を警戒する様子を見せる監察官の柳沢肇(手塚とおるさん)が「彼は恐ろしい怪物なんだ」とつぶやく。

 香坂らは苦労の末に、元捜査2課の刑事・江口和夫(ユースケ・サンタマリアさん)を殺害した容疑で、横沢裕一(井上芳雄さん)の身柄を確保する。だが横沢は、山田春彦(岡田将生さん)と共に警察署から姿を消し、香坂は、山田と共犯の疑いがあると自宅謹慎を言い渡されてしまう。その山田は、父で内閣官房副長官の勲(高橋英樹さん)の家に乗り込む。

 「小さな巨人」は、警視庁の捜査1課長を目指すエリート刑事・香坂が、小さなミスで出世の道から外されて所轄の刑事となるが、警察の体制に疑問を抱いて奮闘するという内容。「半沢直樹」や「下町ロケット」などの伊與田英徳(いよだ・ひでのり)さんがプロデュースするオリジナル作。難事件解決に加え、警視庁と所轄の確執など警察内部の闘いも描く。

 前週の第8話は、早明学園の不正を捜査していた元捜査2課の刑事・江口が殺害されたことを受け、香坂は覚悟の上で、小野田の元上司である早明学園の富永拓三専務(梅沢富美男さん)に任意同行を求めるものの、小野田の手ですぐ釈放された。捜査は、横沢の身柄を捜査1課か豊洲署のどちらが押さえるかの争いとなり、最後に香坂が身柄を押さえたものの、横沢は目を離したスキに山田の手引きで姿を消した……という展開だった。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る