スタジオジブリの劇場版アニメ「ゲド戦記」「コクリコ坂から」の宮崎吾朗監督が2日、父の宮崎駿監督の後継者について鈴木敏夫プロデューサーがアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督の名前を挙げたことについて思いを語った。 同日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で開かれた吾朗監督が初めて手がけたテレビアニメ「山賊の娘ローニャ」(NHK・BSプレミアム)の試写会終了後、吾朗監督は「父が宮崎駿なので、この年になっても息子であることを意識し続けている」と明かした上で「自分のことを作家とは思っていない。

2014年09月02日 18時25分