国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2014」(コンピュータエンターテインメント協会主催)は2日目の19日、関係者向けのビジネスデー最終日を迎え、来場者数は前年2日目と比べると約6000人増の約2万9000人だった。 2日目は、ソニーの「プロジェクトモーフィアス」や、オキュラスVR社の「オキュラス・リフト」といったバーチャルリアリティーを楽しめるヘッドマウントディスプレーの体験コーナーが人気で、試遊希望者が列を作るなど盛況だった。

2014年09月19日 20時17分