MANTANWEB(まんたんウェブ)

西郷どん:西郷・鈴木亮平が大久保・瑛太を語る 「陰と陽なのかな」と直感

テレビ
2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛役の鈴木亮平さん(右)と大久保一蔵(利通)役の瑛太さん

 俳優の鈴木亮平さんが27日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で開かれた2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の会見に登場した。主人公の西郷隆盛を演じる鈴木さんは、西郷の盟友でライバルでもある大久保一蔵(利通)役を演じる瑛太さんについて「僕が陽なら(瑛太さんは)陰なのかな」とイメージを語った。

 瑛太さんが演じる大久保は、西郷の幼なじみで、町内一の秀才とうたわれていたが不遇な青春時代を過ごす。後に島津斉彬の弟・久光に近づいて頭角を現し、西郷と共に倒幕に活躍。明治維新の立役者の一人となった。

 鈴木さんは「『西郷どん』を受けたときからずっと考えていたのが『大久保役を誰がやるんだろう?』ということ。個人的には『瑛太君がいい』と思っていた。これは本当の話です」と力説。理由について鈴木さんは「まず何より黒い部分を感じます」と言って会場を笑わせた後で、「半分冗談で半分本気です。インタビューで『誰を意識するか?』と聞かれたら、瑛太さんの名前を出していた。自分にできない芝居をする」と明かした。

 瑛太さんは「鈴木亮平さんとは初共演。(以前鈴木さんが)電車のホームでたたずんでいて、ホームにこんなに存在感がある方がいるとは」と過去のエピソードを披露。「久しぶりにお会いしても、このまま撮影を続行してもいいと思うぐらい安心感がある。(西郷隆盛が敗北して自刃する)西南戦争まで紆余曲折(うよきょくせつ)あるので、とても楽しみにしています」と話した。

 「西郷どん」は、明治維新から150年となる18年に放送される、57作目の大河ドラマで、維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛が主人公。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)は、両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。だが、そんな愚直な姿に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬が目を留める。西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へ奔走。そして、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……。

 原作は人気作家・林真理子さんの「西郷どん!」で、脚本は連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」や人気ドラマ「ドクターX」シリーズなどの中園ミホさんが担当。維新の“ヒーロー”として知られる西郷隆盛は、2度の島流し、3度の結婚を経て、類いまれな「勇気と実行力」で徳川幕府を転覆し、維新を成し遂げるが、最後は明治新政府と戦い、命を散らす。肖像写真は一枚も残っておらず、その謎に満ちた西郷の生涯に、林さん、中園さんという女性コンビが「女の視点」で切り込んでいく。

 放送は18年1月からで全50回。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る