MANTANWEB(まんたんウェブ)

鈴木亮平:「西郷どん」方言も妥協せず 「明治維新のようなドラマに」

テレビ
2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の会見に出席した主演の鈴木亮平さん

 俳優の鈴木亮平さんが主演する2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の出演者発表会見が12日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で行われ、主人公・西郷吉之助を演じる鈴木さんや、於一(篤姫)を演じることが発表された北川景子さん、農民の娘・ふきを演じることが発表された高梨臨さんらが出席した。鈴木さんは「理想のキャストの方が集まってくださった」と喜び、「歴史で大きな事件が動く瞬間は、絶対に一人(の力)では動かないものだと強く思っています。みんなの熱い心とタイミングのうねりの中で、強烈に一つにとがったときに、大きな事件が起こる。このドラマもみんなが一つの方向に向かって熱い気持ちを持って、それが爆発するような、明治維新のようなドラマにできたら」と意気込んだ。

 会見には、ほかに高橋光臣さん、堀井新太さん、沢村一樹さん、斉藤由貴さん、鹿賀丈史さん、小柳ルミ子さんらが出席した。

 鈴木さんは、鹿児島県出身の沢村さんから「鹿児島弁(の練習を)やっているか」と聞かれるといい、「『ちょこちょこ』と言ったら、『今からやっとかないとやばいよー』とすごくプレッシャーをかけられ……」とエピソードを明かしつつ、「大学のときに言語学を先行しており、言葉というものがとても好きで大事にしているので、方言も妥協せず、演技の前にある大きなハードルとして乗り越えていきたい」と意欲的に語った。

 また方言について、薩摩藩主の島津斉興(なりおき)を演じる鹿賀丈史さんは、1990年に放送された大河ドラマ「翔ぶが如(ごと)く」で大久保利通を演じた際を振り返り、「薩摩弁を大事にしていこうと、なるべく薩摩弁でしゃべりました。それで、視聴者の方から『よく分からん』ということで、字幕が出た」と当時を回顧していた。

 斉藤さんは、篤姫の女中頭の幾島(いくしま)を演じる。昨年の「真田丸」に続く大河ドラマ出演となり、「昨年に引き続きなので、お話をもらったときは『え、また? いいのかな』と思ったことは事実です」と笑いながらコメント。篤姫役の北川さんの教育係という役どころで「常に(北川さんと)一緒にいることになると思うので、来年1年、眼福ということで楽しみたいと思ってます」と語った。

 また沢村さんは、島津斉彬を次期藩主にと尽力する赤山靱負(ゆきえ)を演じる。自身の“エロキャラ”について触れ、「朝の番組(連続テレビ小説『ひよっこ』)で父さん(役)をやっているのもあって、(エロキャラは)完全に封印しています」ときっぱり。「引き続き大河ドラマに出させていただくということで、完全封印、持続したいと思っています」とコメント。斉興の側室、由羅(ゆら)を演じる小柳さんは「私が演じるのだから、まっすぐで普通の役ではないんだろうなとうすうす感じています。『お由羅騒動』というのが実際にあったそうで、騒動といえば小柳ルミ子、と思われているのかなと」と笑わせ、「ひと癖もふた癖もある役のほうがやりがいがあります」と意気込んだ。

 「西郷どん」は、明治維新から150年となる18年に放送される57作目の大河ドラマで、維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛が主人公。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)の愚直な姿にカリスマ薩摩藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走する。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

 原作は人気作家・林真理子さんの「西郷どん!」で、脚本は朝ドラ「花子とアン」や人気ドラマ「ドクターX」シリーズなどの中園ミホさんが担当する。放送は18年1月からで全50回。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る