広瀬アリス:史上最年少ヒロイン「緊張で制服がびちょびちょ」 昼ドラ「明日の光をつかめ」会見

テレビ
昼ドラ「明日の光をつかめ」の制作発表に登場した広瀬アリスさん

 7月5日スタートの昼ドラマ「明日の光をつかめ」(東海テレビ・フジテレビ系)製作発表が21日行われ、東海テレビ制作の「昼ドラ」の46年185作の歴史で最年少のヒロインを務める広瀬アリスさん(15)が登場した。広瀬さんは「お話をいただいたときはやったって思っていたんですが、現場を目の前にした瞬間、緊張で制服の衣装がびちょびちょになってしまいました」と現場入りでのエピソードも明かした。 

 ドラマは、海の見える丘にある更生施設「たんぽぽ農場」が舞台。同施設には、少年院を退院した少年少女や、いじめ、自傷行為、薬物中毒などの問題を抱える子供たちがやってくる。明るく活発なヒロイン沢口遙(広瀬さん)は母の不倫や市議会議員の父が進める「たんぽぽ農場」追放の動き、学校でのいじめによって傷つくが、「たんぽぽ農場」の少年、桜木翼(榊原徹士さん)と出会い、恋に落ちる……いう物語。夏休みに親子で見られる作品を目指したという。

 広瀬さんは「史上最年少ということでプレッシャーもありますが、日々がんばっています。15歳だからという理由をよくつけられますが、より一層フレッシュさを出していかなければだめだなと思いました。最年少ヒロインという名に恥じないようがんばっていきたい」と笑顔でアピールした。また、「明るくバスケットをやっているところが、自分と似ていると思います。その元気さを出していきたいです」と役作りについて話し、昼ドラ出演については「ドロドロしてるイメージがあったので、今やっているドラマ(『娼婦と淑女』)を見て、私どうなるんだろうと思いました」と不安も明かしていた。

 ユニット「新選組リアン」メンバーの榊原さんは、父親を刺して少年院に送られ、社会復帰をするという難しい役どころに「自分は演技経験は全くないんです。クールなキャラをやらせていただくんですが、周りの方を見て常に勉強、常に努力です。初めての演技経験で、失うものはありません。もがけばもがくほど得るものがあると思うので、皆さんと一緒に素晴らしい作品にしたいです」と意気込んだ。共演する広瀬さんについては、「変わってるというか、何か魅了するものがあるなと思いました。15歳というのが信じられません。死ぬほどびっくりしました」と驚いていた。

 「たんぽぽ農場」を運営する「おっちゃん」こと北山修治役の渡辺いっけいさんは「僕は実は兼業農家の息子で、それが嫌で飛び出した人間なので、しっぺ返しを受けたようで、気が引き締まります」と明かし、「台本には、上っ面じゃなくて、かなり深いところまでいけるせりふが詰まっています。子役たちがいいやつばかりで、こいつらとだったらガチでやれるって手応えを感じています」と語った。ドラマは、7月5日から毎週月~金曜午後1時半放送で全45話。主題歌はJYONGRIさんの「Without You」。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る