松下奈緒:「向井さんでよかった」顔見合わせ照れ笑い 「ゲゲゲの女房」撮了会見で

テレビ
「ゲゲゲの女房」の撮影を終え、会見に登場した松下奈緒さんと向井理さん

 クランクアップしたNHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」。ヒロイン・布美枝役の松下奈緒さん(25)と夫・水木しげること村井茂役の向井理さん(28)が18日のクランクアップ後、NHK放送センター(東京都渋谷区)で会見した。約9カ月の撮影を終え、「今、お互いにかけたい言葉」を聞かれた松下さんは「お父さんが向井さんでよかったなと思います」とコメントし、向井さんと顔を見合わせて「恥ずかしい、これ!」と照れ笑いしていた。

 松下さんは「(向井さんの役柄が)無愛想で、本当にこの人と結婚してよかったのかなと思いながら演じることがよくあった。それでもどこかすごく理にかなったことを言ったり、チャーミングだったり、憎めないところもたくさんあって、それは向井さんが演じたからということがいちばん大きいと思う」と絶賛。「夫婦という役柄を通じていろんなことを知って、近づいて発見しながら役作りがしていけてよかった」と語った。向井さんは、松下さんへかける言葉を「(お互いに)まだまだこれからだな」とコメントし、「最終回を見ればこの意味は分かります」と意味深な回答をした。

 原案者の武良さんと何度か会ったことのある松下さんは、武良さんに対し「まずは、『無事に終えることができました』と伝えたい。感想を聞く余裕はあまりない。『私なりの布美枝を演じさせていただきました。ありがとうございました』という言葉は、お会いする機会があれば伝えたいです」とコメント。

 一方、向井さんは水木さんについて「最初にお会いしたときに、『自分は楽な人間なので気楽にやりなさい』と声をかけていただいて、その通り、気楽にやったので、もしこれが『水木しげるじゃない』って言う人がいるんであれば、それは水木さん(のアドバイス)が悪い」とジョークを飛ばし、「会ったときの印象をそのまま、自分の頭の中で“小さい水木しげる”を作って勝手に動いていたのを僕が動作をして、せりふをつけてやっていただけ……」と独特の役作りを語った。水木さんに対しては「『終わりましたよ』と言いたいですね」と笑顔を見せ、「ふたりの夫婦像があったから、たくさんの人に何かを感じてもらうことができた。『ありがとう』と言いたいです」と話した。

 「ゲゲゲの女房」は、マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんの妻・武良布枝(むら・ぬのえ)さんの自伝「ゲゲゲの女房」が原案。楽天的で働き者の主人公・布美枝(松下さん)が「水木しげる」こと夫の村井茂(向井さん)とお見合いをし、結婚。貧乏生活の中、命懸けでマンガに打ち込む夫を支えながら、おおらかに生きる布美枝の姿が描かれている。09年11月14日から撮影を開始し、初回視聴率は14.8%(3月29日、関東地区、ビデオリサーチ調べ)で歴代ワースト1位だったが、徐々に数字を伸ばし、17日時点での最高視聴率は21.8%(7月12日)、期間平均視聴率は18.0%となった。ドラマは9月25日まで放送。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る