吉永小百合:東映60周年映画で里見浩太朗と初共演 恭兵、あおいら豪華キャスト集結

映画
豪華キャストが集結した東映創立60周年記念映画「北のカナリアたち」の製作発表会見(前列右から満島ひかりさん、小池栄子さん、吉永小百合さん、松田龍平さん、森山未來さん、勝地涼さん、後列右から里見浩太朗さん、柴田恭兵さん、仲村トオルさん)

 女優の吉永小百合さん主演の東映創立60周年記念映画「北のカナリアたち」(阪本順治監督)の製作発表会見が29日、東京都内の映画館で行われ、いずれも吉永さんと初共演となる里見浩太朗さん、柴田恭兵さん、仲村トオルさん、宮崎あおいさん、森山未來さん、松田龍平さんら豪華キャストが発表された。

 吉永さんは「それぞれすてきな方たちでわくわくしてるんですけど、黄門様もいらっしゃいますし、『あぶない刑事』のコンビもいらっしゃいますし、20年後の生徒の方たちも本当に芝居の上手な方たちなので、彼らの芝居を引き出せるようにやさしい存在になって演じたい」とコメント。「何十年やっていても初共演ということはとても緊張します。昔、田中絹代さんや森繁久彌さん、高倉健さんと初めてご一緒したとき体が震えたのを覚えています。なので、なるべくリラックスした雰囲気を出せたらと思っています」と笑顔で語った。

 吉永さん演じる主人公の夫を演じる柴田さんは「とっても緊張しています。汗びっしょりかいています。いつの日か、吉永さんとご一緒できればと思っていました。夢がかないました。吉永さんの夫が柴田で、サユリストの方に申し訳ない」と苦笑いで、里見さんは「何十年か前に『キューポラのある街』を見て、かわいらしい少女がぴょんぴょん飛び跳ねているような演技をしていて、それを見て以来、ぼくはサユリスト。とうとう小百合さんの夫役か、と思ったら、父親役でした。でも光栄に思ってます」と初共演を喜んだ。

 「北のカナリアたち」は、北海道の礼文島、利尻島を主要な舞台に、20年前に離島の小学校教師として合唱などを教えていた主人公・川島はる(吉永さん)が、最後の教え子が起こした事件を知り、教え子たちと再会を果たすが、それをきっかけに当時のある事故の謎が浮かび上がってくるという壮大なヒューマンサスペンス。映画化され大ヒットした「告白」で知られる湊かなえさんの原案を、「大鹿村騒動記」などの阪本監督がメガホンをとり、映画「劔岳 点の記」の木村大作さんが撮影を担当。脚本は「霧の子午線」「北の零年」などの那須真知子さんが手がける。

 吉永さん演じる主人公・はるの夫・川島行夫を柴田さん、はるの父・堀田久を里見さん、島に赴任してきた警察官を仲村さんが演じるほか、はるの最後の教え子役で、宮崎さん、森山さん、松田さん、満島ひかりさん、小池栄子さん、勝地涼さんが出演。本作では子供たちの歌う「歌」が物語の重要な要素になるといい、“天使の歌声を持つ子役オーディション”と題した一般公募で、全国3100人から選ばれた6人が教え子たちの幼少期を演じる。

 映画は12月初旬にクランクインし、北海道の札幌、稚内、サロベツ、礼文島、利尻島などで12年1月末まで撮影し、初夏にも第2期の撮影を行う。公開は12年秋以降で、全国300スクリーン規模でロードショー予定。会見には、吉永さん、柴田さん、仲村さん、里見さん、森山さん、満島さん、勝地さん、松田さんら豪華キャストが出席した。(毎日新聞デジタル) 

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る