アニメ質問状:「となりの怪物くん」 鶏役巡りキャスト全員でオーディション

(c)ろびこ・講談社/「となりの怪物くん」製作委員会
1 / 23
(c)ろびこ・講談社/「となりの怪物くん」製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、「となりの怪物くん」です。アニプレックスの横山朱子プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 −−作品の概要と魅力は?

 勉強にしか興味がない冷血女子・水谷雫と、人づきあいが極端に苦手なせいで、周りから怖がられている超問題児・吉田春を中心に、複数の高校生たちが織りなす青春群像劇です。不器用ゆえに誤解されることも多い彼らが、他人と向き合っていくために、正直に自分自身と向きあう姿が魅力です。

 −−アニメにするときに心がけたことは?

 アニメでは原作のエピソードを速いテンポで積んでいます。スピーディーで切れ味の良いテンポ感と、鏑木(ひろ)監督特有のセンスの良い演出が生きたと思います。また、キャラクターそれぞれが、個性ある動きをしているので、そこにも注目していただければと思います。

 −−作品を作るうえでうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 鶏の名古屋は、トミオ役の小野友樹さんが兼役で演じていますが、第1話に登場したキャスト全員で、アフレコ終了後にオーディションをしました。その結果、小野さんに決まりました。皆さんの鶏の演技がすごくリアルで感動しました。

 −−今後のみどころを教えてください。

 主人公の雫&春はもちろんですが、この作品は群像劇でもあるので、あさ子、ササヤン、千づる、ヤマケンたちのストーリーも楽しんでいただければと思います。登場人物それぞれが、自分の感情にゆれ動かされながら、それとじっくり向き合って、ゆっくりと進んでいこうとします。

 −−ファンへ一言お願いします。

 キャスト&スタッフの原作への愛情がたくさん詰まった作品です。丁寧に丁寧に作り上げていますので、ぜひ見続けてください。どうぞよろしくお願いします。

 アニプレックス プロデューサー 横山朱子

写真を見る全 23 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る