オトナファミ:“今一番面白いマンガ”1位は「ワンパンマン」

特集「2013年 コレ読んで漫画RANKING」などを掲載した「オトナファミ」2014年2月号
1 / 1
特集「2013年 コレ読んで漫画RANKING」などを掲載した「オトナファミ」2014年2月号

 エンターテインメントの総合情報誌「オトナファミ」(KADOKAWA)は、20日発売の2014年2月号(690円)で、「2013年 コレ読んで漫画RANKING」と題して、全国3000店の書店員と選んだ“今一番面白いマンガ”ベスト50を発表。敵を“ワンパンチ”で倒してしまうヒーロー・サイタマが主人公のギャグマンガ「ワンパンマン」が1位に選出されている。

 「コレ読んで漫画RANKING」は、同誌の新春恒例企画。全国の書店3000店の店員に、13年に発売されたコミックスのうち、上位3作を選んでもらい、1位=5点、2位=3点、3位=1点に換算。合計ポイントの多い順にランキング化した。

 ワンパンマンは、1日2万アクセスを超えるウェブマンガを、「アイシールド21」の村田雄介さんがリメークした作品で、同ランキングで939ポイントを獲得。特集には原作者のONE(ワン)さんと村田さんのインタビューも掲載されている。

 2位には、鈴木央さんの王道ファンタジー「七つの大罪」が917ポイントを獲得し、ランクイン。3位はクールすぎる男子高校生の学園生活を描いた佐野菜見さんのギャグマンガ「坂本ですが?」(908ポイント)、4位はアニメも大ヒットした「進撃の巨人」(892ポイント)、5位は不死の新生物“亜人”を巡るサスペンス「亜人」(865ポイント)で、「印象に残ったキャラ」「注目した作家」などのベスト10も発表している。

 表紙は、「TRICK」シリーズの完結編となる映画「トリック劇場版 ラストステージ」(堤幸彦監督、14年1月11日公開)に出演する女優の仲間由紀恵さんと俳優の阿部寛さんで、2人の対談インタビューも掲載。そのほか14年のエンタメトレンドを大予想する「2014年はコレにハマる!本命・大穴教えます」や「全国駅弁大図鑑 東日本編」などが特集されている。

 「オトナファミ」は毎月20日発売。次号では「トリック劇場版 ラストステージ」や冬ドラマを特集する予定。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る