MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメ質問状:「黒子のバスケ」 描き下ろし企画が大反響 かつてない戦いに注目

アニメ マンガ

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は「黒子のバスケ」です。バンダイビジュアルの大原由子プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 −−作品の概要と魅力は?

 影が薄い主人公・黒子が、逆にその影の薄さを利用してパス回しに特化したプレースタイルを確立し、相棒である火神とともにバスケットボールで全国制覇を目指します。主人公の方が“影”で、相棒が“光”という逆転した関係が面白いのですが、2人が補いあって成長する姿はスポーツものの王道の熱さがあります。さらに、ライバルとなる“キセキの世代”と呼ばれる5人の天才たちが強烈な存在感を放っていて、ストーリーからもキャラクターからもハマれる作品です。

 −−今回のアニメ化で心がけたことは?

 黒子と火神はもちろんのこと、それぞれ別の高校に進んだキセキの世代たちの相棒の存在を意識して際立たせています。キセキたちは試合を通して黒子のバスケに触れて変化していくのですが、それを一番近くで受け止めて一緒に強くなるのは今のチームメイトなので。それにキセキの5人はそれぞれのスタイルに一番合う高校に進んでいるので、ペアになるキャラの性格や立ち位置は、キセキ本人の個性を描くうえで重要なポイントです。第2期では“ペア”だけではなく“チーム”をいっそう意識しています。バスケは一人でできるスポーツではないので、チーム感が増すとおのずと試合自体が面白くなってくると思います。

 −−作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 本編以外にも毎週楽しめる要素をと考え実施した“ED(エンディング)差し替えパート”と“エンドカード”の描き下ろし企画が驚くほどの反響とともに定着し、毎週最後までじっくりアニメを見ていただけるのがうれしいです。

 特に好評をいただいた第1期2クール目の差し替えパートのテーマは、みんなでストバスをするというパラレルストーリーだったのですが、演出の都合上、最終話だけ差し替えパートを入れられないことが終盤に発覚したときは正直焦りました。差し替え内容は最初に全話決め込んでいて変更できなかったので。幸い「FAN DISC」に収録という形で幻のラストカットを世に出すことができた上、現場から「放送と関係なくなるならもう1枚描きたい」というありがたすぎる提案もいただき……。結果的によりよいものを皆さまにお届けできたのではないかと思います。

 −−今後の見どころを教えてください。

 初戦から桐皇学園とのリベンジマッチという白熱した展開になっている誠凛のウインターカップですが、次に控える敵は鉄壁の守備力を誇る陽泉。キセキの世代の紫原を含め、身長2メートル超のキャラが3人というかつてない戦いがアニメでどうなっていくかお楽しみに。新キャラも個性派ぞろいです。陽泉メンバーのほか、火神と氷室の師匠にあたるアレックスも登場します!

 −−ファンへ一言お願いします。

 1月から第2期ブルーレイディスク&DVDのリリースが始まりました。初回特典のスペシャルCDに収録されるドラマパートは各巻の“feat.キャラ”が主役になりますが、第2期シリーズは“学校混合”を裏テーマにしています。意外な顔合わせがもたらす想像斜め上の展開はキャストの皆さんのテンションにも影響するのか、どの巻も収録現場は大盛り上がり! すごくいいものができあがってきていますので、ぜひこちらもご期待ください!

 プロデューサー 大原由子

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る