AKB48:4作目のドキュメンタリー映画が7月4日公開

(C)2014「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
1 / 19
(C)2014「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

 アイドルグループ「AKB48」を追ったドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48」の第4作「The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?」の公開が6日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催された「AKB48リクエストアワーセットリストベスト200 2014」、昼の部のアンコールで明らかになった。約1万8000人の観客が盛り上がる中、総監督の高橋みなみさんは「『マジか』と思ったよね」とつぶやき、メンバーの渡辺麻友さんも「内容がさらに濃そうだな……」と驚いた。

 映画は、13年の総選挙、同グループの波乱の大組閣、大島優子さんの卒業、6月に行われる新たな総選挙が描かれ、前作、前々作に続き高橋栄樹監督がメガホンを取る。渡辺さんは「(映画の企画は)自然消滅しちゃったのかなと思っていた。やけに最近カメラが多いと思っていたんですよ」と納得。高橋さんは「(撮影期間の)日付を見ると、撮影が(今年の)6月までってなっている。まだ撮影中?」とあたりを見回し、カメラを発見して「いるいる!」とはしゃぎ、「映画も公開するということで、ぜひ皆さん、移ろいゆくAKB48を目に留めていただきたい」と、早くもPRしていた。

 「AKB48リクエストアワー」は、2008年から開催されており、AKB48」と姉妹グループの全楽曲から、ファンの投票で上位を選出して披露する恒例のイベント。昼の部には、約1万8000人のファンが詰めかけ、100位から51位までの結果が発表された。映画は7月4日公開予定。

写真を見る全 19 枚

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る