MANTANWEB(まんたんウェブ)

AKB48:厳戒態勢で事件後初イベント メンバーが頭下げ「今できること一生懸命に」

芸能

 アイドルグループ「AKB48」の木崎ゆりあさんらメンバー6人が28日、川栄李奈さんや入山杏奈さんら3人が岩手県内で25日に行われた握手会イベントで襲撃され負傷した事件後、初めてイベントに出席。東京都内の会場には100人近い報道陣が詰め掛け、多数の警備員が配置されるなど物々しい雰囲気に包まれた。木崎さんは事件について「今できることを一生懸命、元気にやっていきたい」とAKB48グループへの思いを語った。

 木崎さんはイベントの冒頭、「先日悲しい出来事が起きてしまったんですけど、りっちゃん(川栄さん)とあんにん(入山さん)とスタッフさんには早く元気になって、また一緒にお仕事がしたいなって思っています」とけがを負った3人の回復を願い、「そして、私たちも今できることを一生懸命、元気にやっていきたいなと思いますので、これからもAKB48をよろしくお願いします」とメンバーとともに深々と頭を下げた。

 この日は会場の内外に警備員が配置され、イベント中もステージ両脇に警備員が立ち、メンバーの出入りにも複数人が警護にあたった。報道陣のみを対象にした通常の芸能イベントでは異例の措置で、事件を受けた対応とみられるが、関係者は警備体制についてはノーコメント。イベント後の囲み取材では事件についての質問をスタッフが何度も制止する場面があったが、木崎さんは「できることを元気にやっていくだけ」などと語っていた。

 イベントでは、ネットワーク対応ダーツゲーム機メーカーのダーツライブ社とAKB48がコラボレートする「ダーツライブ×AKB48プロジェクト」を発表。AKB48の各チーム3人ずつでダーツの腕を競う同プロジェクトに参加する木崎さん、小嶋真子さん、田野優花さん、相笠萌さん、伊豆田莉奈さん、向井地美音さんが出席した。なお、同日夜には、大人AKBの塚本まり子さんが出席した映画の公開記念イベントも行われ、こちらにも複数の警備員が配置された。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る