MANTANWEB(まんたんウェブ)

ゲームショウ2014:国内最大のゲーム展示会が開幕 注目は新3DS対スマホ

ゲーム
18日に幕張メッセで開幕した「東京ゲームショウ2014」

 国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2014」(主催・コンピュータエンターテインメント協会)が18日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕した。先日任天堂から発表された「Newニンテンドー3DS(New3DS)」(10月11日発売)が初めて一般にお披露目されることで、近年勢いを増しているスマホゲーム勢との勢力争いに注目が集まりそうだ。

 東京ゲームショウは、毎秋開催される世界的なゲームの展示会で、今年で24回目。今回は海外出展社の増加などもあり、過去最多だった2013年の352社を上回る400社以上が出展。最大商戦期の年末を見据えて発売される最新ゲームが多数展示され、期間中はタレントや声優、コスプレーヤーが出演するステージイベントなども開かれる。

 「New3DS」は現行の3DSの上位互換機で、新たにCスティック、ZR、ZLボタンを追加。CPUの性能も向上させており、専用ソフトの発売も予定されている。価格は1万6000円(税抜き)で、画面サイズの大きな「LL」は1万8800円(同)。任天堂は出展していないものの、10月11日に同時発売される人気シリーズの最新作「モンスターハンター4G」の体験台としてカプコンのブースでお披露目される。

 19日までは関係者向けのビジネスデーで、20、21日は一般公開日となる。入場券は一般(中学生以上)1200円(前売り1000円)、小学生以下は無料。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る