大友克洋:仙台空港に巨大レリーフ 3月にお披露目

マンガ
大友克洋さんが制作した「金華童子風神雷神ヲ従エテ波濤ヲ越ユルノ図(キンカドウジフウジンライジンヲシタガエテハトウヲコユルノズ)」

 「AKIRA」などで知られる宮城県出身のマンガ家、大友克洋さんが原画を手がけた幅約8.7メートルの陶板レリーフが、仙台空港ターミナルビル1階国際線到着ロビー(宮城県名取市)に登場することが分かった。3月12日に開催される除幕式でお披露目される。

 「金華童子風神雷神ヲ従エテ波濤ヲ越ユルノ図(キンカドウジフウジンライジンヲシタガエテハトウヲコユルノズ)」と名づけられた作品では、架空の「童子」がメカふうの魚に乗って風神・雷神を従えている様子が描かれており、「大いなる自然の力に立ち向かい、希望ある未来に向けて乗り越えてゆく姿」をイメージしているという。大きさは幅約8.7メートル、高さ約2.8メートル。

 除幕式ではオリジナル記念品なども限定で販売され、収益の一部は東北復興の目的で寄付される。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る